フレッシュフラワー♪ブーケの作り方の基本

フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

フレッシュフラワー♪ブーケの作り方の基本


使用材料

花材
・バラ(大輪)12輪
・アジサイ
その他材料
・リボン(カール出来るものだと尚良い)25cmを5本
・マイク型オアシス
・裸のワイヤー を3本(半分にカットしたものを使用します)
・生花用ボンド

方法

①まず、マイク型のオアシスを水に浸して置きます。オアシス全体に水が行き渡るように時間を十分におきましょう。

②次に、リボンをオアシスの下側に取り付けます。リボンはあらかじめ、25cmにカットし、はさみの裏側でしごき、カールさせておきます。次に半分にカットしたのワイヤーをリボンに付けます。リボンの中央にワイヤーの中心がくる様にし、リボンの後ろ側で2、3回ねじります。これを残りの4本のリボンにも行います。この時、リボンの中央ではなく、やや右寄り、やや左寄りのところでワイヤーを固定するとリボンの長さに差が出て、より動きがでるようになります。全部同じ長さではつまらないという方にはこの方法をお勧めします。5本リボンの準備が出来たら、ブーケハンドル(手で握る部分)の根元にリボンを挿します。オアシスに挿すワイヤーの長さは3cmになります(ワイヤーが長すぎたらカットします。)ワイヤーを挿したら、その根元部分に生花用のボンドを付けて固定します。

③次に大輪のバラをバランスよく挿していきます。直径の円周上に6輪、上部に3輪、下部に3輪といった具合の配置を意識してください。今回のメカニカル・フォーカル・ポイントは球の中央になります。バラは、花のトップから茎までの長さが6cmになるようにカットし、メカニカル・フォーカル・ポイントに向かって2cm~2.5cm挿します。この時、花が全部同じ方向に向いていないか確認してください。どの面から見た時にもバラが見えるようになっていることも同時に確認してください。

④最後にアジサイを挿していきます。アジサイは、挿し過ぎてもこもこ状態にならないようにすることが重要です。花の束になっている部分を使います。もし、花が付きすぎていてもこもこになってしまうという場合は、少し花を間引いて使うようにしてください。アジサイは、主役のバラよりも高さが出ないように注意しながら、メカニカル・フォーカル・ポイントに向かって2cm挿します。全体になんとなくアジサイが挿せたと思ったら、ブーケを少し遠くに放して、ブーケをくるくる回して全体を見てみて下さい。全体が綺麗な球形になっていれば問題ありません。逆にどこか1箇所にアジサイがかたまり過ぎていたり、高さが低すぎたり高すぎたりした場合は修正をしてください。

まとめ

以上がラウンドブーケの作り方でした。
今回のブーケは、初心者の方でも簡単に出来るようにマイク型のオアシスを使ったブーケをご紹介しました。
花材もシンプルに2つのものしか使っておりませんが、同じ花材でも花の色を変えたりするだけで随分を雰囲気の違ったものになります。葉物の緑がなくて寂しいという方には、リボンの1本をダークグリーンのものに変えることをお勧めします。緑色が少しでもあるだけでナチュラルな雰囲気が作れます。このテクニックはどのアレンジメントにも応用可能なので是非試してみて下さいね!

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)