フラワーアレンジメント!ろうそくを使うアレンジメント方法

フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

フラワーアレンジメント!ろうそくを使うアレンジメント方法


使用材料

花材
・バラ(小~中輪)14本
・ユーカリ
・カスミソウ
その他材料
・ろうそく2本
・ガムテープ(緑が望ましい)
・地巻のワイヤー#22 1本
・オアシス 1つ
・花器 1つ

方法

①まず、花器にオアシスをセットします。オアシスはあらかじめ水によく浸して、オアシス全体に水分が行き届くようにしておきます。オアシスは、花器にセットした際に花器から1cmほど出るように、余分なところをカットして花器にセットします。

②次にろうそくを挿していきます。#22のワイヤーを6cmずつにカットし、Uピンの形にします。これを6本用意します。ろうそくの後ろ側に今作ったUピンのワイヤーを3箇所留めます。ろうそくからワイヤー(Uの字ではない方)が2.5cmほど出るように場所を調整し、幅1cmにカットしたガムテープでワイヤーをろうそくに固定します。この作業をろうそく2本共に行います。
2本のろうそくをオアシスのメカニカル・フォーカル・ポイント(今回はオアシスの中心)に向かって挿します。挿し位置としては、中心からそれぞれ1cmほど離れたところになります。

③次に、バラを挿していきます。ろうそくの根元辺りに挿す花は、高さが3cm~5cmぐらいにし、ろうそくがスッキリ見えるようにします。外側に行くにしたがって、花や葉の長さを徐々に長くし、全体の形としてオーバル型になるように心がけてみて下さい。
バラは、高さに差を付けながら、空間を上手に利用し、メカニカル・フォーカル・ポイントに向かって挿すようにします。この時、空間が変にあきすぎたり、逆に詰まり過ぎたりしないように注意してください。バラの色が何色かある場合には、色のバランスも考えながら挿すようにしましょう。

④次に、葉を挿していきます。通常、葉は最初か最後に挿しますが、今回はカスミソウを挿す前に葉を挿します。このアレンジメントでは葉も重要な要素になっていて、いわば準主役といったところになるので、カスミソウの前に挿します。オアシスの中央部分に挿す葉は、バラよりも高さが高くなりすぎないように注意しながら、メカニカル・フォーカル・ポイントに向かってを葉を挿します。外側部分は長さ10cm~12cm(※この長さの中にオアシスに挿す部分は含んでいません。)になるようにカットし、差を付けながら、メカニカル・フォーカル・ポイントに向かって挿します。

⑤最後にカスミソウを挿していきます。カスミソウは、オアシス中央部分よりもやや外側から外側にかけて、隙間を埋める要領で挿していきます。一つ一つの束が大きくなりすぎないように調整し、バラよりは高さが出ないように注意して、メカニカル・フォーカル・ポイントに向かって挿します。

まとめ

以上がろうそくを使ったアレンジメントの作り方でした。

ディナーテーブルのテーブル装花として大いに活躍するアレンジメントです。また、クリスマスシーズンは、ろうそくを使ったアレンジメントが好まれる傾向にあるので、このアレンジメントをクリスマスカラーで作るとクリスマスアレンジにぴったりです。

このアレンジメントは初心者の方でも簡単に作れるアレンジメントになっておりますので、是非挑戦してみて下さいね。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)