プリザーブドフラワー♪簡単フルーツアレンジメント

プリザーブドフラワー♪簡単フルーツアレンジメント


使用材料

花材
・プリザーブドフラワー バラ(中輪)6本(薄いピンク色3本と濃いピンク色3本)
・プリザーブドフラワー アジサイ 緑
・アップル ピック(小)2本
・葡萄ピック(小)1本
・リーフ 3枚
その他資材
・裸のワイヤー~
・ワイヤー入りリボン 30cm
・花器 1つ
・サハラ 1つ

方法

①まず、サハラを花器にセットします。サハラは生花で使用するオアシスとは違って、花器よりも1cm下がった位置に埋まるようにセットします。また、サハラはオアシスとは異なるので、乾燥した状態のまま使用します。間違っても水に浸けるようなことはしないでください。

②次に、バラのワイヤリングをします。今回のアレンジメントは初心者でも出来るように、バラの開花テクニックは使用しません。
ワイヤーはを使用します。バラには、バラの花の下にある子房部分にワイヤーを刺し、茎に沿わせる、ピアスメソッドのワイヤリングを行います。その上からフローラルテープでワイヤーの半分ぐらいまで巻きます。

③次に、アジサイのワイヤリングを行います。アジサイは、いくつかの枝をまとめて、ツイスティングメソッド(花材をまとめたい分だけ取り、ワイヤーをU字にしてから茎に沿わせて、U字の片側のワイヤーをもう片方のワイヤーと茎に2~3回巻きつける方法です。)でワイヤリングし、フローラルテープでワイヤーの半分ぐらいまで巻きます。ワイヤーはを使用します。大き目の束を6本~8本ほど用意しておきましょう。
プリザーブドフラワーのアジサイは、花びらが簡単に落ちてしまうことがあるので、取り扱いに気を付けながら作業するようにしてください。

④次に、リーフのワイヤリングをします。のワイヤーを使ってヘアピンメソッド(ワイヤーで葉の裏側、先端から1/2~1/3の辺り(葉の真ん中より下)にある太目の葉脈をすくうように縫います。葉脈に垂直にワイヤーを刺してからU字に折り曲げ、ツイスティングメソッドのようにワイヤーを茎に巻きつける方法です。)でワイヤリングし、フローラルテープでワイヤーの半分ぐらいまで巻きます。

⑤リボンを作ります。リボンは蝶々結びを作ります。今回使用するのはワイヤー入りのリボンなので、形付けがしやすいです。大き目の結びになるように結んでください。リボンが出来たら、リボンの中心の輪にのワイヤーを通し、リボンの後ろ側で2、3回ねじって固定し、その根元部分からワイヤーの半分ぐらいまでフローラルテープで巻き下ろします。

⑥①~⑤までで準備が出来たので、これからアレンジメントに入っていきます。
バラは、長さが7cmになるようにカットし、サハラに2cm挿し込みます。今回のメカニカル・フォーカル・ポイントは、サハラの中心になります。バラはバラでグルーピングしてサハラの一角にまとめて挿しましょう。今回は特に高さに差を出させなくて大丈夫です。
次に、その合間を埋めるように、サハラ全体にアジサイを挿して、サハラのカバーリングを行います。アジサイは、バラよりも高さが出ないように注意し、サハラにまんべんなく挿します。アジサイも、オアシスに挿す部分は2cmです。
次に、リボンを挿します。リボンはワイヤー部分を2cmにカットして、バラの近くで花器ギリギリのところに2cm挿し込みます。リボンのワイヤー部分を上手に利用して、形付けをしてください。(リボンの足部分をくるくるとカールさせても可愛いですよ。)
次に、リンゴを挿していきます。リンゴのピック部分を3cmにカットし、2cmサハラに挿し込みます。アジサイの上から挿し込みます。
次に、リーフを挿していきます。リーフは、バラの近くの花器の縁部分にくるように挿していきます。ワイヤー部分を2.5cmにカットし、2cmサハラに挿し込みます。
最後に、葡萄を花器から少し垂れ下がるようにして、挿します。こちらもピックがついているので、それを利用して、メカニカル・フォーカル・ポイントに向かって挿します。

まとめ

以上が、フルーツアレンジメントの作り方でした。簡単に出来て、かつボリュームがあるこのアレンジメントは、誕生日ギフトにおすすめです。是非挑戦してみて下さい。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)