プリザーブドフラワーアレンジメント!初心者向け基本の作り方

フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

プリザーブドフラワーアレンジメント!初心者向け基本の作り方

使用材料

花材
・プリザーブドフラワー ローズ(薄紫色/中輪)2輪
・プリザーブドフラワー ローズ(薄青色/中輪)2輪
・シナモンスティック
・モス(緑)
その他材料
・球形サハラ(小)1つ
・サハラ 1つ
・花器1つ
・サテンリボン(薄紫色)15cm
・パールビーズ 数個
・フリンジ紐 白色30cm
・グルーガン
・グルースティック

方法

①まず、サハラを花器にセットします。サハラは生花で使用するオアシスとは違って、花器よりも1cm下がった位置に埋まるようにセットします。また、サハラはオアシスとは異なるので、乾燥した状態のまま使用します。間違っても水に浸けるようなことはしないでください。

②次に、シナモンスティックをサハラのど真ん中に挿します。3~3.5cmほど挿し込みます。位置が決まったら、グルーガンで根本をしっかりと固定してください。根元部分を隠すために、モスでサハラ全体のカバーリングをします。

③次に、球形のサハラにフリンジ紐を巻いていきます。巻き始めの最初の端部分をグルーガンで固定し、毛糸玉を玉に巻き付ける要領で全体に行き渡るように巻きます。巻けたら、最後の端部分もグルーガンで固定します。フリンジ紐で巻けた球形のサハラは、先ほどのシナモンスティックに挿します。シナモンスティックの先端が2~2.5cmほど挿し込んであれば大丈夫です。根元部分にグルーガンでグルーを流し入れて固定します。

④次に、バラを崩していきます。プリザーブドフラワーのバラは、割と簡単に、花芯+額+茎部分と花びら部分に分けることが出来ます。方法としては、プリザーブドフラワーのバラの花びら部分全体を軽く押さえ、茎部分を逆の手で持ち、茎部分を優しく回しながら抜きます。この時、花びらを持っている手に力が入り過ぎて、花びらが破れないように注意してください。
次に、一番大きな花びらを6、7枚選びます。これを、花芯の周りに花びらとしてグルーガンで付けていきます。花びらの根元部分に少量のグルーをつけて、花芯の周り(ちょうど額の根元部分)に貼りつけます。1つの花になるように調整しながら、花びらを貼ります。この時に使わなかった花びらは後ほど使うので、捨てないようにしてください。これを全てのバラに行ってください。

⑤④で作ったバラを球形のサハラにバランスよく挿していきます。プリザーブドフラワーの茎部分はかなり短くカットされているものもあるので、花の根元ギリギリまでサハラに挿し込み、更にその部分にグルーを流しいれて固定します。なので、まず最初にバラの配置を考えておきましょう。

⑥次に、バラとバラの間の空間を埋めるように、先ほど余らせたバラの花弁を付けていきます。バラの花弁の付け方は、花びらの先端にグルーを少量付けて、サハラに対して、花びらを立たせるようにしてつけます。こうすることによってアレンジメントがより華やかに、大きく見える効果が生まれます。なので極力寝かせないようにして花弁をつけるようにしてください。

⑦球形サハラのカバーリングが大体出来たら、最後の仕上げにパールを散らせます。花びらの間間にパールをグルーで貼ります。あまり沢山付けすぎても鬱陶しいので、少し大き目のパールを6粒ほど、バランスよく貼りつけて下さい。

⑧最後に、球形サハラの下部分のシナモンスティックにサテンリボンをリボン結びにします。

まとめ

以上が、トピアリーのアレンジメントの作り方でした。

今回のように、バラをそのままの形で使わないという、プリザーブドフラワーでしか出来ない遊びを加えたアレンジメントも素敵です。アイディア次第でどんどんアレンジメントの幅が広がるので、固定概念に囚われずに、自由な発想でのびのびとアレンジメントを楽しんでみて下さい。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)