プリザーブドフラワーの基本!ブーケ風オブジェアレンジメント

フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

プリザーブドフラワーの基本!ブーケ風オブジェアレンジメント

使用材料

花材
・プリザーブドフラワー バラ (中輪/白)6輪
・プリザーブドフラワー バラ (中輪/青)8輪
その他材料
・裸のワイヤー
・球形サハラ1/2 (中)
・サテンリボン(水色)40cm
・サテン布(水色:できればリボンと同じ色のものが好ましい)直径12cmの円にカットしたものを1つ
・グルーガン
・グルースティック
・ボンド
・フローラルテープ

方法

①まず、球形のサハラを1/2にカットします。丁度直径部分をカットするようにし、カット面が平らになるようにしてください。

②次に、リボンを貼りつけます。リボンの足部分は、それぞれ8cmにカットしたものを使用し、リボンのリボン部分は、それぞれ12cmにカットしたものを使います。サハラの裏側でまるでリボン結びがされているかのような図になるようにリボンを取りつけます。リボンの足部分は、1cmほどボンドを付けてサハラの中心からそれぞれ1cm離れた部分に30°の角度になるようにして貼りつけます。左右対称になっていることを確認してください。次にリボンのリボン部分を作ります。12cmのリボンを真ん中で折、先端の2本のリボンをボンドで付けて1本にします。その部分に1cmほどボンドを付けて、サハラの底面に貼りつけます。サハラの真横から15°上の部分に付けます。こちらも左右対称にリボンが付いていることを確認してください。

③次に、カットした面に、サテン布を貼りつけます。カット面の面積に合わせて布をカットし、布の表側が出るようにしてグルーでサハラに貼りつけます。グルーは固まるともっこりと盛り上がる傾向にあるので、薄く平らにグルーを伸ばすのが得意ではない場合は、ボンドを使って布を貼りつけるようにしてください。底面が平らになることが何よりも大切です。

④次に、バラのワイヤリングを行います。今回は、花びらにするダブルピアスメソッド(クロスメソッド)でワイヤリングします。花びらにするダブルピアスメソッドとは、額から0.5cmほど上の花部分にワイヤーを横(茎に対して垂直方向)に刺し通してから、そのワイヤーに対してもう一本のワイヤーを垂直に刺して十字に交差させます。ワイヤーの中心部に花が来るようにさせたら、茎に沿わせるようにワイヤーを折り曲げる方法です。この方法では、十字にワイヤーをさすことで花の強度が増し、メリア方法で開花しなくても自然と少しだけ開花させることが出来ます。
ワイヤーはのワイヤーを半分にカットしたものを、1輪のバラに使用します。1輪のバラに対して2本のワイヤーが必要になるので、1/4のワイヤーを2本使用することになります。
この方法で18輪すべてのバラにワイヤリングし、フローラルテープで巻きます。

⑤ここからアレンジメントに入っていきます。④で作ったすべてのバラのワイヤーを2.5cmにカットします(サハラに挿す部分は2cm)。まず半球のサハラの頂点に1輪挿します。机に対して垂直になるようにします。次に、その周りにバラを挿していきます。メカニカル・フォーカル・ポイント(サハラの中心)に向かって、サハラの半球の形を崩さないように、頂点に挿したバラの周りにバラを挿します。青と白の色は上手くミックスさせながら、バランスよく挿します。次に、その更に外側に1周させるようにバラを挿します。これもメカニカル・フォーカル・ポイントに向かって、半球の形を崩さないようにしながら挿します。この時、バラの花同士が窮屈になりすぎないように、花間隔をしっかりと調整する必要があります。バラを挿すたびに色々な方向から見て、花のバランスが良いかどうか確認してください。
更にその外側に1周バラを挿します。今までと同様に、メカニカル。フォーカル・ポイントに向かって挿します。この最後の1周は、やや中に入り気味に挿すと、半球を横から見た時にぷりっと締まって見えてより素敵になります。初心者の方は、半球に沿った形で挿して下さい。

まとめ

以上が、ブーケ風オブジェのアレンジメントの作り方でした。
テーブルの上に置いても素敵ですし、裏側に紐を付けて壁に掛けても素敵です。
是非挑戦してみて下さい。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)