プリザーブドフラワーボックス型アレンジメントの作り方

フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

プリザーブドフラワーボックス型アレンジメントの作り方


使用材料

花材
・プリザーブドフラワー バラ(中輪/ピンク色)7輪
・プリザーブドフラワー アジサイ(白)
その他材料
・円形ボックス (蓋つき)1つ
・サハラ 1つ
・リボン 50cm
・裸のワイヤー
・グルーガン
・グルースティック

方法

①まず、サハラをボックスにセットします。今回は、ボックスから4cmでるようにセットします。サハラはオアシスとは異なるので、乾燥した状態のまま使用します。間違っても水に浸けるようなことはしないでください。

②次に、ボックスの蓋部分にリボンを付けます。蓋の真ん中にリボンを真っすぐ付けます。余分は蓋の内側に折りこんでグルーで留めます。次に、リボン結びにしたリボンを今付けたリボンの真上、蓋の中央にグルーで固定します。リボン結びは大き目に作っておくと可愛らしくなります。

③次に、バラのワイヤリングをします。今回は、花びらにするダブルピアスメソッド(クロスメソッド)でワイヤリングします。花びらにするダブルピアスメソッドとは、額から0.5cmほど上の花部分にワイヤーを横(茎に対して垂直方向)に刺し通してから、そのワイヤーに対してもう一本のワイヤーを垂直に刺して十字に交差させます。ワイヤーの中心部に花が来るようにさせたら、茎に沿わせるようにワイヤーを折り曲げる方法です。この方法では、十字にワイヤーをさすことで花の強度が増し、メリア方法で開花しなくても自然と少しだけ開花させることが出来ます。
ワイヤーはのワイヤーをを、1輪のバラに使用します。1輪のバラに対して2本のワイヤーが必要になるので、1/2のワイヤーを2本使用することになります。
この方法で7輪すべてのバラにワイヤリングし、フローラルテープでワイヤーの半分ぐらいまで巻きます。

④次に、アジサイのワイヤリングを行います。アジサイは、いくつかの枝をまとめて、ツイスティングメソッド(花材をまとめたい分だけ取り、ワイヤーをU字にしてから茎に沿わせて、U字の片側のワイヤーをもう片方のワイヤーと茎に2~3回巻きつける方法です。)でワイヤリングし、フローラルテープでワイヤーの半分ぐらいまで巻きます。ワイヤーはを使用します。こぶりの束を8本ほど用意しておきましょう。
プリザーブドフラワーのアジサイは、花びらが簡単に落ちてしまうことがあるので、取り扱いに気を付けながら作業するようにしてください。

⑤これからアレンジメントに入っていきます。ボックスにはあとで蓋をかぶせるので、サハラの上部1cmのところには何も挿さないようにしてください。
まず、アジサイをサハラ全体に挿していきます。アジサイのワイヤー部分は2cmにカットし、根元までしっかりとサハラに挿し込みます。サハラ全体にまんべんなくアジサイが挿せたら、次にバラを等間隔で挿していきます。ワイヤーの長さは3cmにカットし、2cmをサハラに挿します。

⑥最後に、蓋をサハラに被せます。場所が決まったらグルーガンを使ってしっかりと固定します。

まとめ

以上がボックス型アレンジメントの作り方でした。
ボックスの中から花が溢れ出している様子が素敵なアレンジメントです。是非挑戦してみて下さい。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)