プリザーブドフラワー!花束風アレンジメントの作り方

フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

プリザーブドフラワー!花束風アレンジメントの作り方


使用材料

花材
・プリザーブドフラワー バラ(大輪/赤色)6本
・プリザーブドフラワー ローズリーフ 6枚~8枚
・プリザーブドフラワー アジサイ(白)
・アーティフィシャルフラワー バラ茎 6本
その他材料
・ラッピングペーパー
・リボン(幅広)45cm
・裸のワイヤー#22~
・グルーガン
・グルースティック
・サハラ
・フローラルテープ
・セロファン
・セロテープ

方法

①サハラを、145°、35°、90°、90°の台形になるようにカットします。カットしたら、ラッピングペーパの対角線上2/3のところにグルーで固定します。

②次に、バラをグルーガンを使って開花させます。開花方法は、「バラの開花方法」を参照してください。使用するワイヤーは#22です。ワイヤリングしたらフローラルテープで半分ぐらいまで巻き下ろします。

③次に、アジサイのワイヤリングをします。アジサイは、いくつかの枝をまとめて、ツイスティングメソッド(花材をまとめたい分だけ取り、ワイヤーをU字にしてから茎に沿わせて、U字の片側のワイヤーをもう片方のワイヤーと茎に2~3回巻きつける方法です。)でワイヤリングし、フローラルテープでワイヤーの半分ぐらいまで巻きます。ワイヤーはを使用します。少し大き目の束を8本ほど用意しておきましょう。
プリザーブドフラワーのアジサイは、花びらが簡単に落ちてしまうことがあるので、取り扱いに気を付けながら作業するようにしてください。

④次に、ローズリーフのワイヤリングをします。。のワイヤーを使ってヘアピンメソッド(ワイヤーで葉の裏側、先端から1/2~1/3の辺り(葉の真ん中より下)にある太目の葉脈をすくうように縫います。葉脈に垂直にワイヤーを刺してからU字に折り曲げ、ツイスティングメソッドのようにワイヤーを茎に巻きつける方法です。)でワイヤリングし、フローラルテープでワイヤーの半分ぐらいまで巻きます。

⑤次に、バラの茎を9cmにカットします。カットしたら、サハラの垂直部分(後ろ)に30°ぐらいの角度を付けて、6本まとめて挿します。ブーケの茎になるように意識しながら、先端が少し広がるような感じに仕上げましょう。

⑥前側にバラを挿していきます。バラのワイヤーの長さは、花部分を含めて8cmぐらいになるようにカットします。まず、一番きれいなバラを、サハラの2/3の位置(ここがメカニカル・フォーカル・ポイントになります。)に45°の角度を付けて挿します。次に、その両隣にバラを挿します。横から見た時に、3輪で綺麗な弧が描けていることを確認してください。その次に、今挿した3輪の花の前に2輪のばらを挿します。バラの花同士が軽く触れ合うぐらいの花間隔をもって、メカニカル・フォーカル・ポイントに向かって挿します。次に、サハラの先端にバラを挿します。机と平行になるように挿して下さい。

⑦次に、アジサイとローズリーフを挿します。アジサイはサハラのカバーリングの役目を果たしています。バラよりも高さが出ないように注意し、どこか一箇所にアジサイがかたまらないように挿しましょう。その合間合間にローズリーフを挿します。あたかも本物かのような構図になるように葉を散らして下さい。

⑧次に、セロファンの上に今作ったアレンジメントをラッピング用紙ごと載せます。ラッピング用紙とセロファンは少しずらせるようにしてください。茎が挿してある位置にあるラッピング用紙及びセロファンを手繰るようにしてギャザーを寄せてしっかりとセロファンテープで固定します。ここがちょうど花束の握る部分に相当します。ここにリボンを一周させて上でリボン結びにします。

まとめ

以上が、花束風アレンジメントの作り方でした。
発表会のギフトフラワーにぴったりのアレンジメントです。是非挑戦してみて下さい。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)