フラワーアレンジメント!バラのアレンジメントの作り方

フラワーアレンジメント!バラのアレンジメントの作り方


使用材料

花材
・プリザーブドフラワー バラ(中輪/薄ピンク色)4輪
・プリザーブドフラワー バラ(中輪/ピンク色)2輪
・アーティフィシャルフラワー バラ(大輪/ピンク系)2本
・アーティフィシャルフラワー ローズリーフ
・アーティフィシャルフラワー オクラレルカ 4本
その他材料
・花器 1つ
・リボン(幅広/ワイヤー入り/金)25cm
・裸のワイヤー ~
・地巻のワイヤー
・フローラルテープ
・グルーガン
・グルースティック

方法

①まず、サハラを花器にセットします。サハラは生花で使用するオアシスとは違って、花器よりも1cm下がった位置に埋まるようにセットします。また、サハラはオアシスとは異なるので、乾燥した状態のまま使用します。間違っても水に浸けるようなことはしないでください。

②次に、バラをグルーガンを使って開花させます。詳しくは、「 バラの開花方法」を参照してください。
裸のワイヤーを使用し、フローラルテープで巻きます。

③次に、リーフのワイヤリングをします。使用するワイヤーは地巻のワイヤー()になります。ヘアピンメソッド(ワイヤーで葉の裏側、先端から1/2~1/3の辺り(葉の真ん中より下)にある太目の葉脈をすくうように縫います。葉脈に垂直にワイヤーを刺してからU字に折り曲げ、ツイスティングメソッドのようにワイヤーを茎に巻きつける方法です。)でワイヤリングし、フローラルテープでワイヤーの半分ぐらいまで巻きます。

④次に、リボンを作ります。リボンは蝶々結びを作ります。今回使用するのはワイヤー入りのリボンなので、形付けがしやすいです。大き目の結びになるように結んでください。リボンが出来たら、リボンの中心の輪にのワイヤーを通し、リボンの後ろ側で2、3回ねじって固定し、その根元部分からワイヤーの半分ぐらいまでフローラルテープで巻き下ろします。

⑤次に、オクラレルカのワイヤリングをします。両先端に3cmにカットした地巻のワイヤーをフローラルテープで固定します。これを4本共に行います。オクラレルカで綺麗な弧を描くので、筒状のものにあらかじめ巻き付けるなどして、形付けをしておくと、その後の作業がやりやすくなります。

⑥ここからアレンジメントに入っていきます。まず茎の長さを7cmにカットしたアーティフィシャルフラワーのバラをメカニカル・フォーカル・ポイント(サハラの中心)に向かって60°の角度で挿します。花は、自分の方に向くように調整してください。次に、今挿したバラの真下にもう1本のアーティフィシャルフラワーのバラをメカニカル・フォーカルポイントに向かって挿します。高さは、前に挿したバラよりもやや低くなるぐらいにします。
次に、開花させたバラを挿していきます。まず薄ピンク色のバラを最初に挿したバラの両隣りに挿します。最初に挿したバラと綺麗な弧が描けているか確認してください。今挿したバラの手前側に、色の濃いバラを挿します。中心のバラよりも背が出すぎないように注意しましょう。次に、薄いピンク色のバラと今挿したピンク色のバラのの下側に残りのバラを挿します。花全体で綺麗な半球形ができていることを確認してください。
次に、ローズリーフをメカニカル・フォーカル・ポイントに向かって挿します。リーフはサハラのカバーリングになります。ワイヤーは2cmにカットし、根元までしっかりと挿し込んでください。
次に、リボンをアーティフィシャルフラワーのバラの下に挿し込みます。自分の方にリボンが向くように、ワイヤーを調整して、2cmにカットしたワイヤーを根元まで挿し込みます。
最後に、オクラレルカを挿していきます。花の後ろ側に、メカニカル・フォーカル・ポイントに向かって挿します。円が少しずつかぶるように調整し、円のトップがバラの花のトップから3cmぐらいになるように長さを調整してください。形付けが出来たら、安心のために根元をグルーガンで固定します。

まとめ

以上が、バラのアレンジメントの作り方でした。
市販では見ることの出来ない、少し芸術的なアレンジメントになっています。是非挑戦してみて下さい。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)