簡単フラワーアレンジメント!ジャスミンアレンジメントの作り方

簡単フラワーアレンジメント!ジャスミンアレンジメントの作り方


使用材料

花材
・プリザーブドフラワー バラ(中輪/水色)1輪
・プリザーブドフラワー ジャスミン(白色)3輪
・プリザーブドフラワー カスミソウ(白色)
その他材料
・チュールレース 35cm
・サテンリボン(幅狭/水色)15cm
・白いポンポン 3、4つ
・花器1つ
・サハラ 1つ
・グルーガン
・グルースティック
・裸のワイヤー~
・フローラルテープ

方法

①まず、サハラを花器にセットします。サハラは生花で使用するオアシスとは違って、花器よりも1cm下がった位置に埋まるようにセットします。また、サハラはオアシスとは異なるので、乾燥した状態のまま使用します。間違っても水に浸けるようなことはしないでください。

②次に、小輪のバラをグルーガンを使って開花させます。詳しくは、「 バラの開花方法」を参照してください。
のワイヤーを使用し、フローラルテープで巻きます。
今回のアレンジメントではバラは1輪しか使用しないので、できるだけ大きくなるように開花させてください。

④次に、カスミソウのワイヤリングをします。。のワイヤーを使って、ツイスティングメソッド(花材をまとめたい分だけ取り、ワイヤーをU字にしてから茎に沿わせて、U字の片側のワイヤーをもう片方のワイヤーと茎に2~3回巻きつける方法です。)でワイヤリングして、フローラルテープでワイヤーの半分ぐらいまでを巻き下ろします。
カスミソウは、大きくなりすぎないように房にする量を調整しましょう。カスミソウのワイヤリングは、中ぶりなものを8本~10本ほど用意します。

⑤次に、チュールレースのワイヤリングをします。まず、2本にカットしたチュールレースの端にワイヤーの先端を少しだけ通します。そこから20cm、波縫いをするようにギャザーを寄せながら最後までワイヤーを通します。通し終わったら、ワイヤーの真ん中にチュールレースを寄せます。チュールレースの端と端の部分でワイヤーを3回ひねります。この時ワイヤーが緩まないように気を付けて下さい。ワイヤーが巻けたら、ワイヤーを2.5cmほどのところでカットし、フローラルテープで巻きます。
波縫いを細かくすればするほどギャザーが沢山寄るようにできます。

⑥次に、サテンリボンのワイヤリングをします。次に、リボンのワイヤリングをします。リボンは蝶々結びを作ります。リボンが出来たら、リボンの中心の輪にのワイヤーを通し、リボンの後ろ側で2、3回ねじって固定し、その根元部分からワイヤーの半分ぐらいまでフローラルテープで巻き下ろします。

⑦次に、ジャスミンのワイヤリングをします。ジャスミンのワイヤリングは変則ヘアピンメソッドと呼ばれるものになります。まずのワイヤーをフック型に折り曲げます(少し長めのフックを作るようにしてください。)。次に、花びらの真ん中(花芯部分)にワイヤーを入れます。花の下部分から優しくワイヤーを引っ張ります。花びらから額部分の間ぐらいまでワイヤーが引き下がれば大丈夫です。フローラルテープで巻き下ろせばワイヤリングの完成になります。これを残り2本にも行ってください。

⑧次に、白いポンポンのワイヤリングをします。のワイヤーを白いポンポンに挿して、ワイヤーの中心までポンポンを移動させて、ワイヤーを曲げます。これを全ての白いポンポンに行います。

⑨ここからアレンジメントに入っていきます。
まずサハラの中心に垂直にバラを挿します。バラはワイヤーの長さを4cmにカットし、2cmサハラに挿し込みます。
次に、バラの周りにカスミソウを挿していきます。バラの高さと大体同じぐらいになるように高さ調整をしてください。また、どこか1箇所にカスミソウが固まり過ぎないように注意してください。
次に、カスミソウの上からジャスミンを挿していきます。ワイヤーの長さは3cmにカットし、バラの周りに等間隔で3本挿します。挿す方向はメカニカル・フォーカル・ポイント(サハラの中心)になります。次に、チュールレースを挿していきます。サハラのカバーリングになるように花器の縁ギリギリのところに挿します。最後に、白いポンポンをワイヤーの長さを3cmにカットして、花の間間にバランスよく挿します。チュールとチュールの切れ目の部分にサテンリボンをワイヤーの根元までしっかりと挿し込みます。

まとめ

以上が、シンプルなギフトアレンジメントの作り方でした。
白いポンポンがアクセントになったシンプルでかつ可愛いアレンジメントになっています。冬にあげるギフトにぴったりです。
是非挑戦してみて下さい。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)