フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

プリザーブドフラワーアレンジメント!バラのアレンジメント作り方

プリザーブドフラワーアレンジメント!バラのアレンジメント作り方

使用材料

花材
・プリザーブドフラワー バラ(小輪/黄色)2輪
・プリザーブドフラワー バラ(小輪/濃赤色)2輪
その他材料
・細いリボン(赤・金)それぞれ1mほど用意しておきます。
・シフォンリボン(幅広/赤色・黄色)それぞれ1mほど用意しておきます。
・シフォン生地(赤・黄・橙のグラデーションになっているもの)10cm×22cm
・球形サハラ(小~中)1つ
・サハラ 1つ
・花器1つ
・木の枝(長いもの)1本
・レッドモス
・グルーガン
・グルースティック
・裸のワイヤー

方法

①まず、サハラを花器にセットします。サハラは生花で使用するオアシスとは違って、花器よりも1cm下がった位置に埋まるようにセットします。また、サハラはオアシスとは異なるので、乾燥した状態のまま使用します。間違っても水に浸けるようなことはしないでください。

②次に、木の枝(20cm~25cm)をサハラのど真ん中に挿します。3~3.5cmほど挿し込みます。位置が決まったら、グルーガンで根本をしっかりと固定してください。根元部分を隠すために、レッドモスでサハラ全体のカバーリングをします。次に、球形のサハラを木の枝の先端に挿します。木の枝の先端が2~2.5cmほど挿し込んであれば大丈夫です。根元部分にグルーガンでグルーを流し入れて固定します。

③次に、バラを開花させます。今回は、配色を変えての開花になります。これを作る時は、必ず同じメーカーのバラ同士で配色チェンジを行ってください。
2本のバラにのワイヤーでワイヤリングし、フローラルテープで巻いたら、それぞれ同じ分量の花びらを外し、順番どおりに重ねます。次に、花びらの色を少しずつ混ぜ合わせていきます。黄色のバラには黄色を多めに、赤いバラには赤色を多めにしながら、均等に花びらを分けて下さい。バラの花びら貼りつけ方に関しましては、「バラの開花方法」を参照してください。
これをもう1セット作ります。

④次に、シフォンリボンのワイヤリングを行います。リボンは、15cm~20cmにカットしたものを使用します。まず、リボンの端にワイヤーの先端を少しだけ通します。そこから波縫いをするようにギャザーを寄せながら最後までワイヤーを通します。通し終わったら、ワイヤーの真ん中にリボンを寄せます。リボンの端と端の部分でワイヤーを3回ひねります。この時ワイヤーが緩まないように気を付けて下さい。ワイヤーが巻けたら、ワイヤーを2.5cmほどのところでカットし、フローラルテープで巻きます。
リボンは波縫いを細かくすればするほどギャザーが沢山寄るようにできます。このリボンは多めに作っておいてください。

⑤次に細いリボンのワイヤリングをします。25cm~35cmにカットしたリボンを半分にします。のワイヤーにリボンの輪になっている部分を載せ、輪から残りの足部分のリボンを引き抜きます。今出来た結び目のところで、ワイヤーを2、3回ねじって固定します。
このリボンを10本ほど、長さを変えて作っておきます。

⑥ここからアレンジメントに入っていきます。まず、球形サハラの下部分、ちょうど木の枝が挿してあるところに生地をあてがいます。のワイヤーを4cmにカットしてUピンの形にし、布の上からサハラに向かってUピンを挿して固定してください。もしのワイヤーが刺さりにくければ、を使用してください。3箇所ほど固定して、残りの布は木の枝に1周させて自然と流しておきます。
次に、サハラの直径上にバラを等間隔で挿していきます。バラのワイヤーは2.5cmにカットし、2cmサハラに挿し込みます。バラの間や、丸見えになっているサハラのところにシフォンリボンを入れていきます。ワイヤーの長さは3cmにカットして、2cmサハラに挿し込みます。同じ色がかたまらないように注意しながら華やかになるように、バランスよく挿します。最後に、球形サハラの半分よりも下部分に細いリボンを挿していきます。バラとシフォンリボンの間間から流れ出るように挿して下さい。特に、球形の下部分に多く挿すようにしましょう。

まとめ

以上が、ファイヤーアレンジメントの作り方でした。
目の覚めるような色使いのこのアレンジメントは、ハロウィーンのアレンジメントとしても大活躍です。
色合いを変えて作ると、また違った雰囲気のものが出来ます。是非挑戦してみて下さい。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)