初心者向け!トピアリーのアレンジメントの作り方

フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

初心者向け!トピアリーのアレンジメントの作り方


使用材料

花材
・アーティフィシャルフラワー バラ(大輪/ピンク色)10本(茎も使用します。)
その他材料
・モス(緑)
・アーティフィシャルフォーム 球形(中)1つ
・アーティフィシャルフォーム 1つ
・グルーガン
・グルースティック
・サテンリボン 15cm

方法

①まず、アーティフィシャルフォームを花器にセットします。アーティフィシャルフォームは生花で使用するオアシスとは違って、花器よりも1cm下がった位置に埋まるようにセットします。また、アーティフィシャルフォームはオアシスとは異なるので、乾燥した状態のまま使用します。間違っても水に浸けるようなことはしないでください。

②次に、トピアリーの幹となる部分を作ります。バラの茎を25cmほどカットします。これを4本用意します。グルーガンを使って4本の茎を1本にすべく、貼りつけます。この時、なるべくグルーがはみ出ないように注意しましょう。

③次に、②で作った幹をアーティフィシャルフォームのど真ん中に挿します。3~3.5cmほど挿し込みます。位置が決まったら、グルーガンで根本をしっかりと固定してください。根元部分を隠すために、モスでサハラ全体のカバーリングをします。次に、球形のアーティフィシャルフォームを幹の先端に挿します。幹の先端が2~2.5cmほど挿し込んであれば大丈夫です。根元部分にグルーガンでグルーを流し入れて固定します。

④次に、アーティフィシャルフラワーの形付けをしていきます。アーティフィシャルフラワーは多少ぞんざいな扱いをしても壊れないので、購入した際に形が押し潰れてしまっているものや、貼りつけられていた部分が取れかかっているものなどを目にすることがあります。こうしたものを修復する意味も兼ねて、今一度花を綺麗に形作ります。
ペラペラの額は、花びらに固定するようにグルーで貼ります。花びらも、ピラピラと形が定まらないようであれば、花びらの根元付近にグルーを付けて固定してください。この時、完成した花の隙間からグルーの塊がみえないように注意しつつ、形付けを行ってください。

⑤形付けが出来たら、球形のアーティフィシャルフォームに挿していきます。茎部分を4cmにカットして、2cmアーティフィシャルフォームに挿します。挿す方向は、全てメカニカル・フォーカル・ポイント(球形アーティフィシャルフォームの中心)になります。バラの花びらと花びらが多少触れ合うぐらいの花間隔をもって、綺麗な球形になるように挿して下さい。どこか1箇所のバラが飛び出していたり、逆に埋没したりしないように、色々な角度から見ながらバラを挿すようにしてください。

⑥最後に、幹にリボンを結びます。球形のアーティフィシャルフォームから下4cmほどいったところにリボン結びをします。この時、形が崩れた結び方にならないように十分気を付けてください。

まとめ

以上が、トピアリーアレンジメントの作り方でした。アーティフィシャルフラワーは、プリザーブドフラワーと違って、部屋の湿度などを考えなくても長持ちするので、ギフトには大変喜ばれます。
是非挑戦してみて下さい。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)