簡単可愛い!バラのアレンジメントの作り方2選

簡単可愛い!バラのアレンジメントの作り方2選

使用材料

花材
・アーティフィシャルフラワー バラ(中~大輪/ピンク色)6輪
・アーティフィシャルフラワー アジサイ(大き目/ピンク色)
・アーティフィシャルフラワー チューリップ(ピンク色)5本
・アーティフィシャルフラワー アジサイの葉 7、8枚
その他材料
・地巻のワイヤー~
・アーティフィシャルフォーム 1つ
・花器 1つ
・蝶々のピック1つ
・フローラルテープ

方法

①まず、アーティフィシャルフォームを花器にセットします。アーティフィシャルフォームは生花で使用するオアシスとは違って、花器よりも1cm下がった位置に埋まるようにセットします。また、アーティフィシャルフォームはオアシスとは異なるので、乾燥した状態のまま使用します。間違っても水に浸けるようなことはしないでください。

②次に、アジサイのワイヤリングをします。今回のアジサイは少し大き目のものを使用しますので、小花1つ1つにワイヤリングを行います。 地巻のワイヤーを使用し、ツイスティングメソッド(ワイヤーをU字にしてから茎に沿わせて、U字の片側のワイヤーをもう片方のワイヤーと茎に2~3回巻きつける方法です。)でワイヤリングし、フローラルテープでワイヤーの半分ぐらいまで巻きます。これを12本~15本ほど用意します。ワイヤーは、2.5cmのところでカットします。
アジサイの葉は後ほど使用するので、捨てないようにしてください。

③次に、チューリップのワイヤリングをします。チューリップは茎をカーブさせてしようするので、あらかじめ指でしごいたり、筒状のものに巻き付けるなどして形付けをしておきましょう。
を使って、チューリップの茎の先端3cmぐらいにツイスティングメソッドでワイヤリングをします。ワイヤリングをしたら、上からフローラルテープで巻き、ワイヤーは3cmのところでカットします。

④次に、アジサイの葉のワイヤリングを行います。ワイヤーを使ってヘアピンメソッド(ワイヤーで葉の裏側、先端から1/2~1/3の辺り(葉の真ん中より下)にある太目の葉脈をすくうように縫います。葉脈に垂直にワイヤーを刺してからU字に折り曲げ、ツイスティングメソッドのようにワイヤーを茎に巻きつける方法です。)でワイヤリングし、フローラルテープでワイヤーの半分ぐらいまで巻きます。ワイヤーは2cmのところでカットします。

⑤ここからアレンジメントに入っていきます。
まず、バラを茎の長さを5cmにカットして、メカニカル・フォーカル・ポイント(今回は、アーティフィシャルフォームの中心)に向かって2cm挿します。今回は、机と垂直になるようなまっすぐ挿しのバラはありません。6本まとめてアーティフィシャルフォームの中央に、中心に向かって挿します。
次に、その周りにあじさいの花を挿していきます。上から見た時に、バラとアジサイで綺麗な球形が出来るように形を調整します。アジサイが埋没したりしないように注意してください。
次に、アジサイの下にアジサイの葉を挿し、アーティフィシャルフォームのカバーリングを行います。根元までしっかり挿して下さい。
次に、チューリップを挿していきます。手前側に2本、後ろ側に3本配置します。先ほど付けたカーブを活かして、綺麗な流れが出来るように調整してください。
最後に、蝶々のピックをバラとバラの間に挿します。バラの花にあたかも蝶々がとまっているかのように調整します。

まとめ

以上が、春のアレンジメントの作り方でした。
チューリップと蝶々を入れるだけで、春らしさが演出できます。
チューリップの入ったアレンジメントはなかなか見ることが出来ないので、是非挑戦してみて下さい。

使用材料

花材
・プリザーブドフラワー バラ(大輪/オレンジ色)1輪
・プリザーブドフラワー バラ(中輪/山吹色)1輪
・プリザーブドフラワー バラ(小輪/薄オレンジ色)2輪
・プリザーブドフラワー バラ(ミニ/クリーム色)2輪
・プリザーブドフラワー アイビー
・プリザーブドフラワー 実物(ミニツガ、ユーカリの実、バクリなど/金色)
その他材料
・木のリース
・グルーガン
・グルースティック

方法

①まずリースにアイビーのつたを巻きます。今回使用するのは、プリザーブドフラワーのアイビーなので、アーティフィシャルフラワーのアイビーのつたに比べてかなりもろいです。取り扱う際には、十分気を付けましょう。
つたは、小感覚できちきちに巻きすぎても、ゆるく巻きすぎても具合が悪いので、自分で納得のいく位置が見つかるまで何度もトライしてみてください。「自然と木に巻き付いたアイビーのツタ」を彷彿とさせる自然な感じでツタが巻き付いているのが理想的です。
位置が決まったら、グルーガンを使って固定していきます。ツタの後ろにグルーを付けると、グルーがはみ出して丸見えの状態になってしまうことがあります。ですので、葉の裏側の一部に少しグルーを付けて固定します。この時、葉の裏全体にグルーを付けてしまうと、木にべったりと張り付いたアイビーになってしまい、自然な感じが作り出せないので注意してください。

②次に、バラを貼っていきます。バラは全て、茎部分(子房含む)からカットします。
まずオレンジの大輪のバラを木にまっすぐグルーで貼りつけます。(このバラをグルーを使って開花させると、より華やかになります。)次に、その両隣に、薄オレンジ色のバラを、75°の角度で貼ります。
次に、山吹色のバラを、オレンジ色のバラの丁度対角上に、木に対して垂直に貼ります。その両隣にクリーム色のバラを50°の角度で貼ります。
最後に、実物をバランスよく散らしながら貼りつけます。

グルーガンを使用する際のワンポイントアドバイス

グルーガンを使う難しさとしては、そのグルーの量を調整しずらい、すぐに固まってしまうということが挙げられます。
今回のアレンジメントのように、まったくワイヤーを使用せず、グルーのみを使用する時や、グルーを使ってバラを開花させる時など、仕上がったアレンジメントを見た時にグルーが丸見えではないかどうか気になるものです。見えてしまっているグルーの塊をどう隠せばよいのか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。
①グルーを使う時のポイント
グルーは、一般的な糊とは異なって、吸収されるということがありません。塊で出たら塊のまま固まってしまいます。なので、最初に使う時にグルーガンからグルーを出す量がポイントになってきます。もし、多く出すぎてしまった場合はすぐに硬めの用紙などを使って取り除くようにしましょう。
②見えてしまっているグルーを隠す方法
これはそのアレンジメントによって様々なので一概にこの方法が良いとは言えませんが、一つの方法としてご紹介します。
バラを開花させた時にグルーの塊があまりにも見えるようであれば、その塊の上に、パールのビーズを貼りつけます。こうすることによって、あたかもバラの花の中に水滴がついているかのようなバラを作り出すことが出来るのです。
グルーの塊が出来てしまったら、その上に何か小さなものを貼りつけるなどしてカモフラージュしてみましょう。

まとめ

以上が、簡単リースのアレンジメントの作り方でした。
この方法はワイヤーを使わずに出来るので、とても簡単に短時間で作ることが出来ます。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)