フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

アーティフィシャルフラワーアレンジメント!バラのアレンジメントの作り方

アーティフィシャルフラワーアレンジメント!バラのアレンジメントの作り方

使用材料

花材
・アーティフィシャルフラワー バラ(中~大輪/ピンク色)6輪
・アーティフィシャルフラワー アジサイ(大き目/ピンク色)
・アーティフィシャルフラワー チューリップ(ピンク色)5本
・アーティフィシャルフラワー アジサイの葉 7、8枚
その他材料
・地巻のワイヤー~
・アーティフィシャルフォーム 1つ
・花器 1つ
・蝶々のピック1つ
・フローラルテープ

方法

①まず、アーティフィシャルフォームを花器にセットします。アーティフィシャルフォームは生花で使用するオアシスとは違って、花器よりも1cm下がった位置に埋まるようにセットします。また、アーティフィシャルフォームはオアシスとは異なるので、乾燥した状態のまま使用します。間違っても水に浸けるようなことはしないでください。

②次に、アジサイのワイヤリングをします。今回のアジサイは少し大き目のものを使用しますので、小花1つ1つにワイヤリングを行います。 地巻のワイヤーを使用し、ツイスティングメソッド(ワイヤーをU字にしてから茎に沿わせて、U字の片側のワイヤーをもう片方のワイヤーと茎に2~3回巻きつける方法です。)でワイヤリングし、フローラルテープでワイヤーの半分ぐらいまで巻きます。これを12本~15本ほど用意します。ワイヤーは、2.5cmのところでカットします。
アジサイの葉は後ほど使用するので、捨てないようにしてください。

③次に、チューリップのワイヤリングをします。チューリップは茎をカーブさせてしようするので、あらかじめ指でしごいたり、筒状のものに巻き付けるなどして形付けをしておきましょう。
を使って、チューリップの茎の先端3cmぐらいにツイスティングメソッドでワイヤリングをします。ワイヤリングをしたら、上からフローラルテープで巻き、ワイヤーは3cmのところでカットします。

④次に、アジサイの葉のワイヤリングを行います。ワイヤーを使ってヘアピンメソッド(ワイヤーで葉の裏側、先端から1/2~1/3の辺り(葉の真ん中より下)にある太目の葉脈をすくうように縫います。葉脈に垂直にワイヤーを刺してからU字に折り曲げ、ツイスティングメソッドのようにワイヤーを茎に巻きつける方法です。)でワイヤリングし、フローラルテープでワイヤーの半分ぐらいまで巻きます。ワイヤーは2cmのところでカットします。

⑤ここからアレンジメントに入っていきます。
まず、バラを茎の長さを5cmにカットして、メカニカル・フォーカル・ポイント(今回は、アーティフィシャルフォームの中心)に向かって2cm挿します。今回は、机と垂直になるようなまっすぐ挿しのバラはありません。6本まとめてアーティフィシャルフォームの中央に、中心に向かって挿します。
次に、その周りにあじさいの花を挿していきます。上から見た時に、バラとアジサイで綺麗な球形が出来るように形を調整します。アジサイが埋没したりしないように注意してください。
次に、アジサイの下にアジサイの葉を挿し、アーティフィシャルフォームのカバーリングを行います。根元までしっかり挿して下さい。
次に、チューリップを挿していきます。手前側に2本、後ろ側に3本配置します。先ほど付けたカーブを活かして、綺麗な流れが出来るように調整してください。
最後に、蝶々のピックをバラとバラの間に挿します。バラの花にあたかも蝶々がとまっているかのように調整します。

まとめ

以上が、春のアレンジメントの作り方でした。
チューリップと蝶々を入れるだけで、春らしさが演出できます。
チューリップの入ったアレンジメントはなかなか見ることが出来ないので、是非挑戦してみて下さい。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)