フラワーアレンジメント!クリスマスのボックスの簡単な作り方

フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

フラワーアレンジメント!クリスマスのボックスの簡単な作り方


使用材料

花材
・プリザーブドフラワー バラ(小輪/赤色)2輪
・アーティフィシャルフラワー バラ(小/濃赤色)1輪
・キイチゴのピック 5~7本
その他材料
・蓋つきボックス花器 1つ
・サハラ 1つ
・裸のワイヤー ~
・オーナメントボール(金色)4つ
・リボン(幅狭/金色)20cm
・シフォンリボン(幅広/ワインレッド)20cm
・グルーガン
・グルースティック

方法

①まず、サハラを花器にセットします。サハラは生花で使用するオアシスとは違って、花器よりも1cm下がった位置に埋まるようにセットします。また、サハラはオアシスとは異なるので、乾燥した状態のまま使用します。間違っても水に浸けるようなことはしないでください。

②次に、小輪のバラをグルーガンを使って開花させます。詳しくは、「 style #0066cc”>バラの開花方法」を参照してください。
のワイヤーをそれぞれ使用し、フローラルテープで巻きます。

③次に、シフォンリボンのワイヤリングをします。まず、リボンの端にワイヤーの先端を少しだけ通します。そこから20cm、波縫いをするようにギャザーを寄せながら最後までワイヤーを通します。通し終わったら、ワイヤーの真ん中にリボンを寄せます。リボンの端と端の部分でワイヤーを3回ひねります。この時ワイヤーが緩まないように気を付けて下さい。ワイヤーが巻けたら、ワイヤーを2.5cmほどのところでカットし、フローラルテープで巻きます。
リボンは波縫いを細かくすればするほどギャザーが沢山寄るようにできます。

④次に、もう1本のリボンのワイヤリングをします。リボンは蝶々結びを作ります。リボンが出来たら、リボンの中心の輪にのワイヤーを通し、リボンの後ろ側で2、3回ねじって固定し、その根元部分からワイヤーの半分ぐらいまでフローラルテープで巻き下ろします。

⑤ここからアレンジメントに入っていきます。
まず、中心にアーティフィシャルフラワーのバラを真っすぐ挿します。茎の長さは5.5cmにカットして、2cmサハラに挿します。次にその両隣に開花させたプリザーブドフラワーのバラを挿します。ワイヤーの長さは5cmにカットして、2cmサハラに挿します。プリザーブドフラワーのバラは、ボックスのコーナーから中心に向かって45°の角度で挿します。
次に、プリザーブドフラワーのバラの下、ちょうどプリザーブドフラワーとアーティフィシャルフラワーの間にオーナメントを貼りつけます。オーナメントは、ボール部分が上を向くように固定します。
次に、あいている両角を埋めていきます。あいている角(どちらでも構いません。)に、シフォンで作ったリボンをメカニカル・フォーカル・ポイントに挿し、サハラのカバーリングを行います。次に、もう片方の角に金のリボンを挿します。こちらはワイヤーを3cmにカットして、メカニカル・フォーカル・ポイントに向かって挿します。
次に、今挿したリボンと、バラの間に出来た隙間をキイチゴのピックで埋めていきます。キイチゴのピックは、長さを3cm~4cmにカットして、メカニカル・フォーカル・ポイントに向かって挿します。長さは少し変えて、動きをだすようにしてください。

まとめ

以上が、クリスマスのボックスアレンジの作り方でした。
バラの色を青、オーナメントやリボンの色を白や銀に変えて、ホワイトクリスマスのようなイメージのアレンジメントに仕上げても素敵です。
是非挑戦してみて下さいね。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)