フラワーアレンジメント!コサージュリボンの作り方と結び方

フラワーアレンジメント!コサージュリボンの作り方と結び方

このコサージュリボンは、普通のリボン結びでは出すことの出来ない、華やかさが出る結び方になっています。通常はサテンリボンを使ってこの結び方をします。サテンリボンはつるつると滑りやすいので、初心者の方は難しと感じるかもしれませんが、慣れればすぐに出来るようになりますので、ご安心ください。

使用材料

・サテンリボン 40cm~50cm (写真では30cmのリボンを使っているため、リボン足が短くなっています。)
・裸のワイヤー
・フローラルテープ
・リボン用のはさみ

方法

40~50cmに切ったリボンの先端を左手の親指と人差し指(中指)で持ちます。残りの部分を左手の親指に掛け、親指を一周させます。残りのリボンの流れのままに、小さめの輪を作ってまた親指の下を通ります。親指の下に今通したリボンを一度ねじります。(下の写真は、丁度ねじったあとの裏側のねじった部分を写しています。)
この時、ねじり方が緩いと、後々リボンのねじれが解けて元に戻ってしまうので、しっかりとねじって、しっかりと親指と中指または人差し指で押さえて下さい。残りのリボンの流れのまま、今輪を作った側とは逆側にもう一つの輪を作って、また親指の下を通します。左右の輪が同じ大きさになるように調整します。
先ほどと同様に、親指の下でリボンを一度ねじります。やはりここでも、しっかりとねじって、ねじった部分をしっかりと押さえるようにしましょう。(下の写真は、丁度ねじったあとの裏側のねじった部分を写しています。)残りのリボンの流れのまま、今輪を作った側とは逆側で、最初に作った輪の下側にもう一つの輪を作り、また親指の下を通します。今作る輪は、最初に作った輪よりも大きな輪になるようにしましょう。先ほどと同様に、親指の下でリボンを一度ねじります。やはりここでも、しっかりとねじって、ねじった部分をしっかりと押さえるようにしましょう。(下の写真は、丁度ねじったあとの裏側のねじった部分を親指と中指で固定しているところを写しています。)残りのリボンの流れのまま、今輪を作った側とは逆側で、すでに作られている輪の下側にもう一つの輪を作り、また親指の下を通します。左右のリボンの長さやバランスが対称になるように調整します。そののちに、親指の下でリボンを一度ねじり、しっかりと指で固定します。余っているリボンを輪の形に一周させます。今作った輪の部分、親指が入っている輪部分を通過させる形で、の裸のワイヤーを通します。
この時リボンを押さえている指が緩まないようによく気を付けて下さい。ワイヤーを通し、ワイヤーの中央にリボンの輪が来たら、ワイヤーを折り曲げます。
(下の写真は、ワイヤーを折り曲げた後の、リボンの裏側の写真になります。)ワイヤーを二本同時に引っ張って、リボンとワイヤーの間の空間をなくします。この作業が甘いと、ワイヤーで固定した後にリボンの形が崩れてしまいますので、気を付けて下さい。
ワイヤーがよくひっぱれたら、リボンの裏側でワイヤーをきつく、二、三回ねじり固定します。
ワイヤリングがしっかりと出来ていれば、リボンの形が崩れることはありません。
逆に、リボンの形が崩れてしまった場合は、ここのワイヤリングの仕方が甘かったのだろうを考えて下さい。次に、最後に作った輪の部分をリボン用のはさみでカットします。今回は、30cmのリボンを使用して製作していたため、リボンの足が写真のように短くなってしまっていますが、40cm~50cmのリボンを使うと足を長く作ることが出来ます。

リボンが作れたら、ワイヤーにフローラルテープを巻いて仕上げます。

まとめ

以上が、コサージュリボンの作り方になります。
より華やかにしたい場合は、リボンの輪の三重、四重に作ってみて下さい。
コサージュやブートニアのみならず、普段のアレンジメントにも使える結び方なので、是非参考にしてみてください。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)