プリザーブドフラワー!初心者向けアレンジメントの作り方

プリザーブドフラワー!初心者向けアレンジメントの作り方


使用材料

花材
・プリザーブドフラワー バラ(大輪/オレンジ色)1輪
・プリザーブドフラワー バラ(大輪/薄オレンジ色)1輪
その他材料
・オーナメントボール(金、茶系の色。ラメやメタリックで輝くものが望ましい。)小4つ、大1つ
・リンゴのピック(赤リンゴ)6本
・鳥の羽(茶系) 2枚
・銀の細いろうそく 1本
・サハラ 1つ (6cmの立方体)
・レインボーカラーのジョゼット 10cm×10cm 1枚
・小石
・グルーガン
・グルースティック
・裸のワイヤー
・フローラルテープ

方法

①まず、サハラを6cmの立方体にカットします。次に、10cm×10cmにカットしたジョゼットの真ん中にグルーガンで貼りつけます。
サハラの周りに小石を置き、重りにします。この時小石があまり幅を取らないようにしてください。サハラが倒れない程度の重りになれば大丈夫です。次に、下に敷いていたジョゼットで小石及びサハラを包むようにします。のワイヤーを4cmにカットし、U字に曲げてUピンにしたものをジョゼットの縁に刺し、そのままサハラまで挿し込み固定します。ジョゼットの1辺に対して2箇所ずつ固定しておけば大丈夫です。

②次に、サハラのど真ん中にろうそくを挿します。このろうそくはかなり細いものなので、そのまま2.5cmほど挿します。挿す時にろうそくを折らないように気を付けて下さい。
次に、オレンジ色のバラを分解します。茎部分を右指で持ち、花びら部分を優しく左指で持ち、右指を左右に優しく動かしながら花芯を取り除き、花びらだけにします。花びらは出来る限り元の花の状態を保ったままにしておいてください。次に、今分解したバラの花びらをろうそくの周りに付けながら、1つのバラになるように仕上げていきます。サハラから1cmほど上がったところに最初の花びら(花芯に近いもの)をろうそくに貼りつけます。この時、花びらには2箇所切れ込みを入れて貼りつけしてください。その後は、プリザーブドフラワーのバラを開花させる要領で、バラを完成させていきます。「バラの開花方法」を参考にしてみて下さい。
次に、薄いオレンジ色のバラを開花させます。開花させたバラは、側面に上向きで挿します。バラの額ギリギリのところまでしっかりと挿し込みます。もし茎が短いバラでしたら、子房部分に#22の裸のワイヤーをピアスメソッドで挿して補強してください。ワイヤーは2.5cmにカットして全部サハラに挿します。

③次に、今薄オレンジ色のバラを挿した側面の隣の側面に、オーナメント(小)を貼りつけます。ボールが自分の手前側になるようにし、サハラをカバーしてください。羽の根元に3cmにカットしたのワイヤーを2本あてがい、フローラルテープで固定します。これをオーナメントの間間に入れ、サハラに挿し込みます。羽が上に向かって伸びるように挿して下さい。

④次に、その隣の側面にリンゴのピックを挿していきます。リンゴのピックの長さは2cm~4cmにカットし、多少高さに差を付けながらまとめて挿します。サハラが見えなくなるように挿して下さい。

⑤最後にオーナメント(大)を空いている側面に貼りつけます。

まとめ

以上が、風変りなアレンジメントの作り方でした。
このアレンジメントは秋の終わりから冬にかけてのアレンジメントとなっています。
花器を使わずとも、実物や飾りでこんなにお洒落なアレンジメントを作ることが出来ます。
是非、挑戦してみて下さい。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)