フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

フラワーアレンジメントの基礎知識と準備

フラワーアレンジメントの基礎知識と準備

フラワーアレンジメントとは

フラワーアレンジメントとは日本の生け花に対して西洋風に花を装飾する事を指します。主に器やかごに吸水性スポンジを入れ、花を挿してアレンジをします。

今回はフラワーアレンジメントを始める準備と贈り物やお部屋に飾るときのポイントについてご紹介します。

アレンジメント作りに準備する道具

・花切りはさみ

・器やかご

・オアシス(吸水性スポンジ)

・お好みのお花と葉もの

オアシスの準備の仕方

オアシスが余裕をもって入る大きさの深い入れ物に水をたっぷり入れます。オアシスを水にそっと置き、水を吸収するのを待ちます。注意する点は、最初に水に入れる時と途中で絶対にオアシスを押さないことです。押したからといって早く吸うわけはなく、下から徐々に吸収させずに押し込みまわりに水がつくと、それ以上水を吸収せず中身が乾燥したままになります。全体に水を吸収したものはずっしりと重くなり、全体の色が変わります。押し込んだものはカットした断面に水に浸ける前と変わらないままの部分があるはずです。全体に水分が吸収されていないオアシスにお花を挿すと水を吸えずにすぐ枯れてしまいます。オアシスを用意する作業は基本的なことですが、とても重要な部分と言えます。

器にオアシスを入れる

全体に水を吸ったオアシスをナイフなどでカットし器に詰めます。グラグラしないようにしっかり詰めて、器より2~3センチほど高くして四面がなだらかになるように面取りします。下に少しでも穴のある器の場合は、水漏れしますのでセロファンを間にはさみます。

花の扱い方の基礎知識

なるべく新鮮なものを購入し、アレンジメントを作るまでは涼しい室内で花瓶のお水に茎をつけておき、お花の傷みを極力減らします。ふわっと新聞紙などで包んでおくとお花をガードできます。お花を挿すときはオアシスに3~4センチほど挿す必要があるので、それを考慮して茎を切ります。オアシスに触れる断面を増やし、茎からより水を吸い上げるために斜めにカットします。斜めにカットすることですっと挿すことができます。

フラワーアレンジメントの種類

アレンジメントの種類はとても細かくたくさんありますが基本のものからデザイン的に変化をつけるため、まずは基本の代表的なアレンジメントの形をご紹介します

・トライアングル

名前の通り3つの点を結び三角形に仕上げたアレンジメントです。

後ろが壁である玄関や棚などの場所に置くのに適していて、高さを出せることからボリューム感が出ます。開店祝いなどで華やかにしたい場合や、プレゼントや誕生日などの贈り物によく使われます。

・ラウンド

器の上に半円形に仕上げたアレンジメントです。全体から見渡してどの角度から見ても正面に見えるようにするのがポイントです。

高さやボリュームがコンパクトなため講演会や食事会のテーブルの中心に置く場合や、お見舞いなどに適しています。

フラワーアレンジメントを長持ちさせるために

アレンジメントには1~2日に一度は水を補充することが必要です。お花や葉に直接水がかからないように軽くかき分けて、オアシスにしみ込ませるように水を入れます。入れすぎると溢れてきますので、徐々に入れることがポイントです。また、お花は暑い場所が苦手なので、暖房の風が直接当たる所を避けるなどの工夫をしましょう。

さっそく挑戦してみましょう

いかがでしたでしょうか。フラワーアレンジメントに挑戦してみたいと思った方も多いはずです。

お花屋さんで頼むのも良いですが、自由に、決まりにとらわれず作れるのがフラワーアレンジメントの醍醐味だと思います。好きな色合いや季節のお花で自分好みのアレンジメントをぜひ作ってみてください。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント