フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

覚えておくと便利な花の管理方法と花瓶に生けるポイント

覚えておくと便利な花の管理方法と花瓶に生けるポイント

自分で好きなお花を選んでお部屋に飾ってみたいけど難しそう。という方や、「花束を人からもらったけれどどう飾ればいいか分からない」という経験をした事が最初は誰にでもあると思います。きちんとポイントを押さえれば難しいことはありません。お花をゆったり眺めることは心のゆとりにつながります。そこで覚えておくと便利な花のお手入れの大切なポイントをご紹介します。

花束は早めにラッピングをはずしましょう。

・綺麗にラッピングされている場合、ほどくのがもったいない気がしますが、花束のまま飾っておくと枯れてしまうので思い出は写真などにおさめて自宅に持ち帰ったらラッピングを外します。

・茎は輪ゴムなどで結んであり、下にコットンなどで水を補うカバーがしてあると思いますので外してしまいましょう。茎を結んである輪ゴムやヒモはそのままにしておいても良いですが、きつく結んである場合は取り外してから生けた方が良いです。

・手持ちの花瓶に合わせて茎の長さをカットします。花瓶の半分弱くらいの深さに水をためておき、長さを当ててみて水に浸かる部分の葉はすべて取り除きます。これは水を濁らせないためです。バラのトゲは鋭利なので十分注意しましょう。

・茎を1~2㎝ほどはさみでカットして用意しておいた花瓶に入れましょう。全ての茎をしっかりカットすることがとても重要です。花のハリがなく元気がないなど水切りが必要な場合を除き、カットしてからすぐに清潔な水につければこの手順で問題ありません。

花束を花瓶にうつす手順はこれだけです。急な場合など、サイズが合う花瓶がなくても大丈夫です。ひとつの花瓶に飾っても、小さいいくつかの花瓶に分けても良いのです。花瓶を分けるメリットはお花をいろんな場所に飾ることができる所です。小さな花瓶に少しのお花があるだけ気持ちがホッとします。ジャムの空き瓶やコップなどでも良いです。

花を長持ちさせる方法

花を生けて長持ちさせるために重要なのは花瓶の水をこまめに交換して清潔にしておくことです。

水替えを怠ると茎がぬめり、バクテリアが繁殖して水が濁ります。その水をお花が吸うことは当然ですが良い環境とはいえず、枯れてしまう原因になります。

・水替えの手順

1、花瓶のお花と水を全て出し、お花の茎や花瓶の内側をよくすすぎ、清潔な水を花瓶に用意します。

2、茎の先端を1~2センチほどカットして、水の吸い上げを良くします。新しい切り口にすることがポイントです。また、色が変わったり、ブヨブヨしている茎はその部分を全て切ります。それから清潔な花瓶にもどします。

お花を置く場所は直射日光や冷暖房の直風を避けた場所が好ましいです。

花の種類別の水揚げポイント

・バラは斜めに茎をカットします。茎の中の導管という部分で水を吸うため、断面を少しでも広げるためです。

・菊の花は茎を切るときに手で折ると水をよく吸い上げます。もちろんハサミでも良いです。バラや菊は水を吸い上げる量が多いので、花瓶の水をやや多めにします。

・ガーベラを長持ちさせるには浅めの水が良いです。長い花瓶であっても水位を3センチほどにして、こまめに水替えをします。ガーベラを触ってみると茎が他のお花と違う性質であることに気付きます。そのため茎を平らにカットする方が良いです。ただし、バラなどと一緒に生ける時は他のものに合わせた水の量で良いです。ガーベラは女性にとても人気のある花なので、お花屋さんでガーベラのみを数本購入することもあると思います。長持ちさせたいときには試してみてください。

また、花を飾っているうちに花の一部や葉が徐々に枯れてきます。生き物ですので時間の経過とともに避けられないことなので、変色した花びらや枯れた葉を取り除くことでお花が見違えます。例えばバラの花びらの外側の1、2枚に茶色のシワが入った場合、傷んだ花びらの付け根からはずすという要領です。

いかがでしたでしょうか。花瓶の水をこまめに取り替えて清潔にしておく習慣と茎をきちんとカットするということ、置く場所に気を付けることが重要なポイントです。正しい管理方法をおさえておけばもう大丈夫です。好きなお花を選び、自由に飾ってみてください。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント