フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

お供え、お悔やみのお花のマナーとお花の選び方

お供え、お悔やみのお花のマナーとお花の選び方

お供え、お悔やみの場でよく用いられるお花のマナーをご紹介します。地域ごとの習慣や宗教などの違いもありますので花選びの参考にして、細かい部分は花屋さんに相談すると良いです。

お供えのアレンジメント

花束とは異なり花瓶に生ける手間が省けるため、お供えの時はアレンジメントを贈ることが多いです。仏花と同じようにひとつお供えする場合と、両脇に一対お供えする場合があります。

主に御供えのアレンジメントを贈るのは通夜、初七日、四十九日などの法要、祥月命日、一周忌などの年忌法要です。お盆やお彼岸に贈られることもあります。

通夜に贈る花

・枕花

枕花(まくらばな)と呼び通夜から葬儀の間、故人のそばに置くアレンジメントです。親族や親しかった方の訃報を聞いた時に贈ります。基本的に白上がりが好ましいですが、白をベースに淡い色をたしても良いです。

・スタンド花

足つきのスタンド花はお通夜や葬儀の会場でよく目にします。故人やご遺族と関わりのあった企業や会から贈られます。子供一同や少人数の連名で贈られることもあります。

スタンド花には一基と、一対(二基)があり、一段ものと二段物で金額が変わります。地域によって色合いや名前札をつける位置などが違うため、その地域の花屋さんか葬儀社指定の生花店に相談して予算や習慣に合ったものを届けてもらいます。

枕花、スタンド花はともに通夜が始まる2~3時間前までに届くように事前に手配しておきます。葬儀場の意向で外部からの持ち込みができない場合や持ち込み料金が発生する場合があるため事前に会場へ確認をしてから手配します。急で通夜に間に合わない場合は翌日の葬儀に届くようにするか、家族の方が落ち着かれた頃に改めてアレンジメントを自宅へ贈っても良いです。

法事に贈る花

法事とは宗教、宗派を問わず親族や関わりの合った友人などが集まって故人を偲ぶ儀式です。

祥月命日(しょつきめいにち)とは故人が亡くなった同月同日のことです。毎年訪れる祥月命日の中でも区切りのある年忌には親族や関わりのあった方が集まり法要を行います。初七日、四十九日、一周忌、三回忌、七回忌と続きます。初七日の法要は葬儀と同日に済まされる場合があります。

四十九日までは白あがりを基本にし、それ以降は淡い色が入っても良いです。トゲのあるバラなどの花は避けますが、近い関係の場合は故人の好きだった花を強く希望されることもあります。

法事は祥月命日から近い早めの週末に行う事が多いです。花を贈る場合は法事の前日の午後に届けるようにします。自宅への贈り物の場合はそのまま飾れるアレンジメントや胡蝶蘭などの花鉢を選びましょう。法要会場へ届ける場合は持ち帰ることを考慮し、大きいものや重たい鉢物は避けます。

お盆に贈る花

お盆の時期は、旧暦までさかのぼると7月13~16日でした。それから新暦へと変わり、8月13~16日の4日間となりました。今でもどちらも風習が残り、地域によってお盆の時期が異なります。お盆にお花を贈る時はお盆に入る前にお届けしましょう。花束やアレンジメント、花鉢が適しています。贈り主の名札をつけるようにしましょう

初盆(はつぼん)とは四十九日が過ぎて初めて迎えるお盆の事です。四十九日を過ぎていない場合には初盆の法要は翌年に行われます。初盆は故人が亡くなって初めて迎えるお盆ということで親族や関わりのあった方をお招きして供養をするための法要が行われます。

お彼岸に贈る花

日本独自の仏教行事のひとつで春分の日、秋分の日を「彼岸の中日」といい、春分の日、秋分の日をはさむ前3日と後3日の計7日間をお彼岸といいます。「彼岸入り」や「彼岸明け」という言葉も良く耳にします。お花を贈る場合は彼岸入りの午前中までに届くようにしましょう。初めてのお彼岸を迎えられ法要が行われる場合はその前日にお届けします。花束やすぐに飾れるアレンジメント、もしくは花鉢を贈ります。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント