フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

生け花の流派について

生け花の流派について

室町時代から続く日本の伝統文化「生け花」ですが、さまざまな流派があることはまだ知らない方が多いと思います。今回はそんな生け花の流派についてご紹介させていただきます。

そもそも「流派」とは

家元・宗家(日本の伝統文化における本家としてその文化を正しく伝えていく地位につく者のことを指す。)によって形成され、その道において流儀が違うために生まれたものを流派といいます。

生け花だけではなく、さまざまな日本の伝統文化において流派は存在します。

さまざまな流派

室町時代に「池坊」が確立され、生け花における流派の数は現在では300を超えると言われています。

その中でも有名な流派は「池坊」、「草月流」、「小原流」であり、「三代流派」と呼ばれています。今回は生け花における三代流派についてご紹介させていただきます。

1.「池坊」

室町時代に、当時京都の僧侶であった「池坊専慶(いけのぼう せんけい)」によって確立されたといわれ、生け花の中でもっとも歴史深い流派となります。その歴史は550年以上にもおよびます。

他の流派は「○○流」と名前がつくことが多いのですが、池坊は「華道家池坊」と称されています。現在は第四十五代家元「池坊専永」によって継がれています。

池坊では、草や花などの植物が持つ生命と自然の中に美と和を見いだします。池坊では美しい花の状態だけではなく、植物のあらゆる状態においてもそのありのままの姿を生かすことを大切だとしています。

池坊では「立花」「自由花」「生花」が主な技法です。

2.「草月流」

草月流は1927年に勅使河原蒼風(てしがわら そうふう)によって確立されました。草月という名前の由来は勅使河原家の家紋である「根笹に三日月」からきています。現在は第四代家元「勅使河原 茜」によって受け継がれています。

草月流における最大の特徴は自由に生けることです。実際に草月流の作品を見てみると、生けた人それぞれによって強く個性が出ていることが多いです。

また、草月流では「生け花」とは使わず、ひらがなで「いけばな」と使われます。「いける」を「造形る」「変化る」などと表現することからも草月流におけるいけばなが自由で個性豊かであるさまがうかがえます。

3.「小原流」

1895年に小原雲心(おはら うんしん)によって創始されました。小原雲心は元々は池坊の門弟だったのですが、のちに独立し自らの流派をつくりました。現在は第五代家元である小原宏貴(おはら ひろき)によって受け継がれています。

以前は線的な表現が多かった生け花ですが、「盛り花(もりばな)」というスタイルを確立したことで、それからは面を活かした多様な表現が増えるようになります。盛り花とは広めの水盤を使い剣山の上に花を盛るようにいける技法にのことです。小原雲心が盛り花というスタイルや洋花を生け花に導入したことで、最初こそは多くの批判が集まりましたが、次第に大衆を中心に受け入れられるようになり、現代では一般的に使われるようになっています。

まとめ

今回は生け花の流派の中でもメジャーな流派をご紹介させていただきましたが、もし良かったら生け花を始めたいという際に参考にされてみてくださいね。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント