フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

生け花に必要な道具について

生け花に必要な道具について

フラワーアレンジメントにも必要な道具があることと同様に、生け花をするためにもいくつか揃えておきたい道具があり、適切な道具を使うことで、より一層美しい生け花が出来るようになってきます。今回は生け花をするために必要な道具についてご紹介させていただきます。

花ばさみ

お花が好きで、よく家に飾るという方なら持っている方も多いかとは思いますが、花ばさみは生け花においても大切な道具の一つとなっています。

一度に複数のお花を使うことも多い生け花は、お花の種類によって花器に入れる水の量を変えたりということが出来ません。そのため、どの植物もまんべんなくきちんと水揚げが出来るように、シャープな切り口を作る必要があります。

花ばさみを使用することで一般的なはさみを使うよりも切り口が綺麗に仕上がること、また枝ものなど固い花材を用いる際にも最小限の力で切れるように作られているため、生け花をする際に一つは持っておいていただきたい道具の一つです。

剣山

剣山とは花留めの役割を果たす道具のことを指します。現在一般的な生け花の技法として使われる「盛り花」は、剣山を使用して生けられることが多いです。明治の終わりから大正にかけて普及し始めました。

剣山を使用することで、花材や枝ものをしっかりと固定し見栄えを美しくしてくれる効果があります。その種類はさまざまで、用途に合わせて違った剣山を用いましょう。大きさは花器の大きさに対して剣山を選ぶようにします。花器に対して剣山が大きすぎると、見栄えが悪くなってしまうので気をつけてください。

元々は金属素材のものが多かった剣山ですが、最近はプラスチック素材のものも使われるようになってきました。枝ものなど固い花材を使用する際は金属製の剣山を使わなければなりませんが、お花だけを用い生け花をする際は、プラスチックの剣山を使用すると見えにくいため、他の植物で剣山隠しをする必要がなくおすすめです。

水盤

水盤とは生け花をする際に用いられる浅い器のことを指します。生け花が普及し始めたころは用いられていませんでしたが、「小原流」の小原雲心(おはら うんしん)が水盤と剣山を使って生ける「盛り花」という新しいスタイルを始めたことで、明治時代末期から次第に普及するようになってきました。

素材も色も大きさもさまざまな展開があり、主に陶器製のものが用いられることが多いですが、ガラスで出来たものや銅で出来たものもあります。最近ではプラスチックで出来た水盤も販売されています。

仕上げたいイメージによって水盤も選ぶようにしましょう。

生け花においての壺とは、剣山を用いずに行う「投げ入れ」や「立花」のときに用いられる花器のことを指します。

壺を用いて生け花をする際は、枝ものなど、一番背を高くしたいものから生けるようにし、その後バランスを見ながら花や葉ものを生けていくようにします。壺を使う生け花で枝ものを用いる際は、メインとなる枝の下の部分に短く切った別の枝をあてがい、クロスさせ紐などを使って縛ることで、壺の中で花材がグラグラすることがなく、良いストッパーの役目を果たしてくれます。何本かそういって作った枝ものを生けてからお花を生けることで、美しい生け花が完成するでしょう。

まとめ

今回ご紹介させていただいた道具は全て生け花をする際に大切な道具となっています。生け花を始めたい方は少しずつでも揃えられていってくださいね。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント