お正月の定番の花材と初心者におすすめの花飾り

お正月の定番の花材と初心者におすすめの花飾り

正月飾りと正月花

正月飾りや正月花は年神様をお迎えし、旧年中を無事に過ごせた事を感謝し、新年をお祝いする意味があります。正月飾りの準備は12月28日までに飾ると良いとされています。29日は「9=苦」がつき、発音から「二重苦」に通じるため、30日は旧暦では大晦日であったため、一夜飾りとみなされることがあります。31日は一夜飾りになるため縁起が悪く、年神様をお迎えするのに失礼であるという理由があります。27日から28日頃に済ませておけば、慌ただしい年末にもあわてることなく、しっかりと準備ができます。しめ縄飾りなどとともに準備をしておきましょう。

正月飾りとは門松、しめ縄、鏡餅などのお正月に向けて飾られるものの事です。正月花とはお正月に飾ると縁起が良いとされる花飾りの事です。次にお正月に使われる花材をご紹介します。

お正月に使われる花材

松・・・松は常緑樹で不老長寿につながることから縁起が良いとされています。若松をはじめ大王松、根引き松など種類も豊富です。大きいものから扱いやすいサイズまであります。

竹・・・1年中青々としている姿や、強い風が吹いても折れないことやまっすぐ伸びたたたずまいから生命力や成長の象徴とされています。太く立派なものから細めの竹まであり、スプレーで金色に着色したものもあります。

梅・・・梅の花は早春に咲くことから出世や開運の象徴とされています。また、繁栄の意味があるとされています。お正月には梅のお花が多くは入荷されない場合があります。細めで花もつぼみのものが多いです。他のお花で代用しても良いです。

葉ボタン・・・紅白の2種類があり縁起が良いとされています。重なった葉が美しく、色のグラデーションも楽しめます。

南天・・・「難を転ずる」という意味をもち縁起が良いとされています。ブドウのようにつく赤い実がきれいです。

千両・・・おめでたい名前であり、お金の単位であることから縁起物とされています。南天と同じように赤い実がつくため華やかになります。「万両」よりも実が少ないです。

万両・・・ギザギザした葉にサクランボのような実のつき方をする特徴があります。南天や千両と似ていますが、それぞれ個性があります。

菊・・・ピンポン菊などを選びます。お供えのお花に使われる小菊や輪菊は避けましょう。

蘭・・・1本含めるだけでも豪華な仕上がりになります。

また、水仙や椿は真冬に咲くお花のため、よく正月花に取り入れられます。季節感と和の雰囲気が出ます。バラやダリアなども和風のスタイルにもマッチして素敵です。

・正月飾りを飾る期間

お正月が過ぎ、1月7日までが「松の内」といわれています。また、1月15日と捉えることもあり、地域の習慣やいけばなの流派により異なる場合がありますが、一般的に松の内まで正月飾りを飾り、その後は近くの神社やどんど焼きへ持って行きます。

お正月らしいお花を小さな花瓶に生けてみよう

初心者の方でも挑戦しやすいように花の種類を少なめにしてご紹介します。コンパクトでどこにでも飾る事ができるのでおすすめです。

用意するもの

・花瓶(低めで四角い横広型)

・松・・短いもの2本

・スプレーバラ(淡い黄色)・・2本

・ピンポン菊(黄色)・・2本

1、花瓶を洗い、半分ほど水をためておきます。

2、松を短く切って花瓶全体に生けます。

3、スプレーバラをカットして松の合間にのぞかせます。つぼみを少し高く出すなど、動きを出します。

4、ピンポン菊を2本、バランスよく入れます。あまり飛び出さずに器のふちの辺りに入れます。バランスを整えて完成です。

いかがでしたでしょうか。和と洋がマッチした本数が少なくてもお正月らしいお花の出来上がりです。低めに作るイメージでご紹介していますので玄関や棚はもちろん、食卓に置いても素敵です。ぜひお正月のお花を手軽に取り入れてみてください。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント