生け花における花型と鑑賞の作法について

生け花における花型と鑑賞の作法について

生け花と一口にいっても、さまざまなスタイルが存在します。これを花型(かけい)といいます。今回は生け花における花型と、どの花型の生け花を鑑賞するときにも大切となってくる作法についてご紹介させていただきます。

さまざまな花型について

たて花:書院造りという床の間がある様式の家が誕生した際に、床の間を飾るために生み出された様式のことを指します。鎌倉時代から室町時代にかけて生まれました。

立花:江戸時代初期に池坊専好(いけのぼう せんこう)によって確立された様式のことを指します。立花では木を山、草を水の象徴とし自然の景観美やこの世の森羅万象が表されています。たて花が客人をもてなす場に用いられるようになったことで、立花という様式が生まれました。

生花(しょうか、せいか):江戸時代後期ごろに発展した花型のことを指します。流派によって違いはあるのですが、基本的にはすべての枝の足元が正面から見て一本に見えるように生けられています。そのため、ひとつのまとまった形に見えるようになっています。

盛花(もりばな):水盤という花器と、剣山をつかって展開される生け花の様式のひとつです。それまで生け花といえば和の花を生ける花型しかなかったのですが、盛花では積極的に洋花も取り入れられるようになりました。歴史はそれほど長くはないのですが、現在は一般的によく使われる花型のひとつです。小原流の初代「小原雲心(おはら うんしん)」によって確立され、最初は理解を得られにくかったものの、徐々に庶民を中心に人気が出ていきました。

自由花:型に捉われず、生ける人の感性にしたがって自由に形作られていく生け花の花型のひとつです。ステージなどの華やかな場に用いられることが多くなっています。自由花では花や草などの植物以外にもさまざまな素材が使われたりすることもあり、本当に個性豊かな作品へと仕上げられることが多いです。

投げ入れ花:草花や枝の自然な姿をそのまま活かせるように、と生み出された花型のひとつです。明治時代の生活スタイルの洋風化に伴って広く人々に親しまれていくようになりました。それまでは、床の間に飾られることの多かった生け花ですが、投げ入れ花が浸透したことで、お家のさまざまな場所に飾られるようになっていきました。

盛花のように水盤を使わず、壺などの背の高い花器を使って生けられます。「投げ入れ花」と呼ばれますが、実際には投げ入れる他にも、枝ものを使って留め具代わりにしたりなど、美しく魅せるためにさまざまな工夫が凝らされています。

鑑賞の作法

茶道でお点前をいただくときの作法があるように、華道にも鑑賞をする際の作法があります。花を拝見するときは、床の間から畳1畳分をあけて座り、花に向かって一礼をします。一礼をしたあとに、生け花の全体的な構成や花器、花材の組み合わせなどを拝見していきます。拝見が終わったら、花を生けた人への感謝の一礼をするようにしましょう。お花にも生けた人へも感謝を示すというところが、繊細かつ思慮深さを持ち合わせる日本人らしい礼儀作法といえますね。

まとめ

さまざまな花型をご紹介させていただきましたが、その中でも特に「投げ入れ花」は生け花をしたことがないという方でも挑戦しやすい花型となっていますので、良かったら試されてみてくださいね。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント