フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

生け花におすすめの葉ものについて

生け花におすすめの葉ものについて

生け花において、引き立て役として大活躍してくれる葉ものはたくさんの役割があります。今回はそんな葉ものについての役割とおすすめについてご紹介させていただきます。

生け花における葉ものの役割

生け花においては、葉ものは周りの花を引き立たせてくれる役割があります。また生け花で水盤を使って生ける際に剣山が見えないように草花を使って隠すことを「剣山隠し」といい、葉ものはそういった役割も果たしてくれます。

おすすめの葉ものについて

○葉蘭(ハラン)

ベーシックな「ハラン」も縞模様が入った「シマハラン」もよく生け花に使われる葉ものの一種です。「華道家元池坊」においては、「葉蘭で始まり葉蘭で終わる。」と言われるほど重要な葉ものであり、葉蘭だけを使って生け花をすることもあるほどです。数枚束ねて扇のように生けたり、花ばさみを使って周りを少し切ってシャープな印象を与えたりなど、アレンジの幅が大きいことも特徴です。

○鳴子欄(なるこらん)

美しい模様が入った葉が何枚も続くナルコランの葉は、豪華にしたいときはそのまま、さりげなく剣山隠しとして使用したい時などは途中でカットをし高さを調節したりなど出来るので、おすすめの葉もののひとつとなっています。

○モンステラ

どことなく南国の元気な印象を抱かせてくれるモンステラは、生け花においてアクセントとして大活躍してくれる葉ものの一種です。葉は切ったりなどのアレンジを使わずそのまま使いますが、その適度な隙間を活かして下から花を覗かせるように生けたりすると粋な雰囲気が出ておすすめです。極楽鳥花などの個性的なお花と合わせると夏の季節にぴったりな生け花となります。

○ドラセナ

ベーシックなグリーンカラーのドラセナから、少し暗く赤みががった「ドラセナカプチーノ」、周りが赤いラインで縁取られた「ドラセナ・レモンドエッジ」、白と緑のコントラストが美しい「ドラセナ・ホワイト」、少し他のドラセナとは見た目も違いたくさんの斑点が特徴の「ドラセナ・ゴッドセフィアナ」などドラセナと一口に言っても本当に個性豊かな違いがあります。花を際立たせたい場合はベーシックなグリーンのドラセナを使い、少しアクセントとして使いたいというときなどはその他のドラセナを使うと良いでしょう。軸を中心に葉がついているので、葉だけを切り取って使うのも良いですし、そのまま使ってもおすすめです。葉だけを切り取って使う場合は、一枚だけだと上手く固定出来ないので数枚重ねてひとつの塊にしてから使うと上手く固定されます。

○アンスリウム

葉が大きいため、大きな存在感を醸しだしてくれるアンスリウムは、花も個性的で存在感の花を用いることで、上手く調和が取れるようになります。アンスリウムの花も葉同様美しいので、組み合わせて生けてみるのもおすすめです。

○リキュウソウ

小さな葉が連なる姿が大変美しく、アーチ状にして生けたり、少し手を使って曲げて美しいラインのアクセントとしても使えるリキュウソウは生け花において重要な葉もののひとつとなっています。個性が強すぎない葉ものであるため、他の葉ものと組み合わせて生け花に使っても良いでしょう。

まとめ

生け花というと花の方に焦点が当てられがちですが、実際は葉ものも重要な役割を果たしてくれています。生け花の際の葉もの選びの参考となれば幸いです。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント