フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

日本人の美意識と生け花の歴史について

日本人の美意識と生け花の歴史について

生け花には室町時代から続く深い歴史があります。それは日本人の花に対する美意識とともに築かれてきました。今回はそういった面に焦点を当てご紹介させていただきます。

生け花の歴史について

その歴史は古く、室町時代にまで遡ります。四季がはっきりとしている日本では、室町時代以前から四季折々に咲き誇る美しい花を楽しむという習慣が人々の間にはありました。万葉集や古今和歌集にも花のことが多く詠まれていることからも、嗜みのひとつとして根付いていたことが伺えます。仏教が伝来したことを機に、仏に花を供える風習が人々の間で広まり、それがのちの生け花になったと言われています。

床の間を持つ書院造りの家屋が広まるにつれて、その床の間に花を飾るという風習も一般化しました。その風習こそが現代につながる生け花の成立となりました。生け花においては池坊専慶(いけのぼう せんけい)が開祖だと言われており、現在も「華道家元池坊」という最古の生け花の流派として長く受け継がれています。

江戸時代には立花と呼ばれる型が広まり、後期になると生花として人々により広く嗜まれるようになっていきました。これは3本の枝によって構成される生け花の型を「天」「地」「人」として、人間と自然の融合を意識した生け花のスタイルのことを指します。現在は明治時代に小原流の小原雲心が「盛り花」という水盤と剣山を使い生けたスタイルが一般的となっており、それまで和の花しか使われていなかった生け花に洋花も取り入れることで新しいスタイルを確立しました。

現在は数百にものぼる流派があると言われており、今もなお生け花を生ける人々、またそれを鑑賞する人々に豊かな気持ちをもたらしてくれています。

生け花から見る日本人の美意識について

人々は古来から花を神聖なものの象徴として大切に扱ってきました。生け花の由来となった仏に花を供える「供花」という行為からもそのことが伺えます。

心に平安を与えてくれる花は古来より人々にとって重要なものであり、また美の象徴としても楽しまれてきました。現代でも広い世代にしたしまれている「花見」の文化も、庶民にも親しまれるようになったのは江戸時代からですが、それより遥かに遡った平安時代にはすでに天皇が桜を楽しむ宴を催していたことから、美しく咲き誇り、やがて散りゆくという限りある命の中で精いっぱいに「生」を見せてくれる花に日本人は深い意味と美意識を見出していたことが伺えます。

また西洋のフラワーアレンジメントの違いから見えるように、草花のひとつひとつに美しさを見出し素朴な生け花の中にも生き生きとした状態を表現しようとすることからも、日本人に深く根付く繊細な美意識が見いだされます。

その日本人が持ち合わせる繊細な美意識は生け花におけるものだけではなく、室町時代から続くさまざまな伝統芸術に活かされています。先人から受け継がれている美意識に基づいた伝統芸術が今も受け継がれていることからも、日本人の美意識が変わりなく、また新たな意味を持ちながらより良いものへと日々進化していっているのです。

まとめ

今回は生け花の歴史と日本人の美意識についてご紹介させていただきましたが、ただ花を生けるだけではなく、そういった背景も知ることで、生け花という行為に深い意味を見出しより一層楽しめるようになっていただけると幸いです。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント