生け花における宗教の世界観と仏花

生け花における宗教の世界観と仏花

現代でも日本の伝統文化として親しまれている生け花ですが、そのルーツは仏様に備えるお花「仏花」にルーツがあると言われています。今回は生け花における仏花の関係についてご紹介させていただきます。

生け花の誕生

日本に仏教が伝来したことにより、次第に仏様にお花を備えるという文化が生まれました。花を供えることで、人間の仏様に対する修行の誓いを表されていたとされています。もともと四季の移ろいに敏感で、花や植物を愛し大切にしてきた日本人は、仏花だけではなく、普段の生活にも花を飾り始めるようになります。それが後の生け花の確立へと繋がりました。また、外国と海を隔てて独立していることから、その独自の生け花の文化がより発達することとなりました。

生け花における宗教の世界観

さまざまな信仰や習俗が混じり合うなかで確立し、人々に親しまれてきた生け花ですが、その中には宗教の世界観が色濃く残っています。

生け花が誕生した背景には、花には神が宿ると考えられており、仏様に備えるものだというものがありましたが、その後宗教色は少しずつ薄れていくこととなります。しかし、座敷に飾られるのがメインとなったあとも、生け花においての神仏への尊敬は受け継がれました。

生け花が成立した初期の頃に人々に親しまれていた「立て花」といわれる技法は、直立した枝に神が宿ると考えられていました。主枝に添える右側の草が神を象徴し、左側の草が仏を象徴するように生けられました。

また、江戸時代に流行した「立花」と呼ばれる技法は、自然の風景の縮図として組み合わされたものですが、その当時の人々に全ての自然に仏が宿ると考えられていたことから、この立花にも宗教的な世界観が盛り込まれていたことが伺えます。このように生け花は時代ごとに、当時の思想や宗教的世界観を取り入れながら発展してきました。

現代の仏花

仏壇やお墓参りの際に死者を尊ぶ意味で供えられるようになっています。棘や香りの強いもの、毒があるものは用いないようにします。しかし、故人が薔薇が好きだったという場合などは、その気持ちを尊重し薔薇などの香りが強く棘がある花でも生けてよいとされています。仏花においては極楽浄土をイメージできるように二束で一対とし、奇数の花を用いながら菱形に供えます。

最も使用される頻度が高い花は菊となっており、輪菊や小菊、洋菊などさまざまな種類があり、花持ちもよく通年を通して購入できることからおすすめです。また、カーネーションも同様の理由でよく生けられています。春には、アイリスやキンセンカ、スターチスなどを、夏にはリンドウやグラジオラスなどを生けると良いでしょう。また、その中でも死者の魂がこの世に還ってくるとされているお盆には、ホオヅキやミソハギなどが飾られることが多くなっています。色合いとしては、「白色」「ピンク」「紫色」「黄色」「赤」などの明るい色合いのものを用いてください。

まとめ

遥か昔から、日本では仏様を尊ぶために花が生けられてきましたが、現代でもその故人を慈しむ心は残っています。仏花にはさまざまな決まりごとがありますが、なによりも大切なのは故人を想う気持ちです。仏花を供えられる際にこのような歴史的背景も思い出していただけると幸いです。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント