フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

簡単♪フレッシュフラワーアレンジメントオーバルに挑戦!

簡単♪フレッシュフラワーアレンジメントオーバルに挑戦!

使用材料

花材
・バラ5本
・カーネーション4本
・スターチス3本~5本
・葉4~5枚
その他材料
・生花用オアシス1つ
・花器1つ

方法

①まず、花器にオアシスをセットします。オアシスはあらかじめ水によく浸して、オアシス全体に水分が行き届くようにしておきます。
オアシスは、花器にセットした際に花器から1cmほど出るように、余分なところをカットして花器にセットします。

②次に、オアシスの「メカニカル・フォーカル・ポイント」を探します。「メカニカル・フォーカル・ポイント」とは、構造上の中心点という意味で、今回はオアシスのちょうど真ん中がその「メカニカル・フォーカル・ポイント」になります。このMFPに向かってまず中心となるお花(今回はバラ)を挿します。中心のお花は手元にある花材の中でも最も綺麗で大きなものを選びましょう。中心の花(バラ)はオアシスから出ている分が8cm(花の部分を含める)、オアシスに挿す部分が2cm~2.5cmになります。なので、全体で10cm~10.5cmになるようにカットします。これに合わせて、残りのバラ4本とカーネーション4本を同じ長さにカットします。

③続いて、中心のバラを囲むように残りの4本のバラを挿していきます。中心のバラの右隣りと左隣りにそれぞれ45°の角度でバラをメカニカル・フォーカル・ポイントに向かって挿します。この時横から見て、半円を描くように挿せているかどうか確認します。更に、中心のバラの両隣り(先ほど挿した2輪のバラと垂直方向)に同様に残りのバラをメカニカル・フォーカル・ポイントに向かって45°の角度で挿します。こちらも半円が描けているか確認します。上から見ると丁度十字の形にバラが挿せていることを確認します。

④次に、オアシスが丸見えの状態になっている四隅にカーネーションを挿していきます。カーネーションも45°の角度でメカニカル・フォーカル・ポイントに向かって挿します。

⑤バラまたはカーネーションと花器の間に出来てしまった空間を埋めていきます。ここで使用するのがスターチスです。スターチスは茎を大体7cmぐらいにカットし、オアシスには2cmほど挿して使用します。バラとカーネーションで作った半円を崩さない様にスターチスをメカニカル・フォーカル・ポイントに向かって挿していくことがポイントになります。一か所に固まらないように注意しながら空間を埋めましょう。

⑥最後に、葉物をオアシスに挿していきます。葉はデコレーションになるので、大きさの揃った葉を4~5枚ほど使用し、こちらもメカニカル・フォーカル・ポイントに向かって挿します。

まとめ

以上がオーバルのアレンジメントの作り方になります。

オーバルの形付けがなかなかうまくいかず、難しく感じてしまうこともあるかもしれませんが、メインとなる花の長さを切りそろえること、花を挿す角度を一定にすること、そしてオアシスに挿し込む茎部分の長さを揃えること、この3点に注意するだけで、オーバルの形作りがしやすくなります。

ワイヤリングもいらず、初心者の方でもすぐに出来るアレンジメントですので、是非チャレンジしてみて下さいね。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)