切り花を長持ちさせる方法・レンゲソウ花言葉

切り花を長持ちさせる方法・レンゲソウ花言葉

生け花をする際、せっかく一生懸命に生けた生け花があまり長持ちしないまま枯れてしまって勿体無く感じてしまう方も中にはいらっしゃると思います。しかし、少しの工夫をするだけで、切り花の持ちがグッと良くなるのです。今回は生け花において切り花を長持ちさせる方法についてご紹介させていただきます。

花持ちをよくするために大切な「水揚げ」

「水切り」
お花を生けるにあたって最も基本的な手順となっています。ボウルなどの深さのある容器に冷たい水を入れ、その中で花を切っていきます。お水の中で花を切ることで、水揚げが上手くいき、花持ちが良くなります。水揚げの量を増やすために投げ入れでは花の茎を斜めに切った方が良いのですが、剣山を使って生け花をする場合は剣山に花の茎が刺さりやすいように茎を真っ直ぐ切り落としてください。全ての花材に適した方法です。

「深水」
たっぷりの水に浸し、その圧力で水揚げをする方法です。葉の多い花材に対しては新聞紙を巻き、深めの花瓶やバケツに8割から9割の水を入れて2時間ほどおきます。
少し元気がなくなっているお花に用いると効果的です。ほぼ全ての花材に効果的ですが、胡蝶蘭など花びらに水滴がつくとシミになる花材に対しては通常の水切りを行なってください。

「燃焼」
水切りや湯あげでも効果がさほど出なかった場合に用いる方法です。火に直接当てるため、葉や花は新聞紙に包んでから行うようにしましょう。バーナーやガスコンロの炎に2、3センチほど茎を当て、回しながら燃焼していき、焼き終わったら深水をして1、2時間ほどおきます。生ける際に燃焼した茎の部分をカットしましょう。茎の固い花材には効果的ですが、茎の柔らかい花材に対してはこの方法はできません。

「湯あげ」
熱湯と冷水を使って、強い圧力で水を一気に押し上げる方法です。湯あげをするさいは、沸騰した水の中に茎の根元2、3センチ程度を30秒ほど入れ、そのあと水につけたまま1、2時間ほど置いておきます。固い茎を持つ花材には効果的ですが、チューリップなどの茎が弱い花材、蘭などの湯気に弱い花材は避けるようにしましょう。
湯あげでは茎が変色するため、水盤に生ける生け花の場合はその部分をカットして使ってください。

水中を綺麗に保ち花持ちを良くする方法

「綺麗な水に生ける」
花を生けていると水の中にバクテリアが発生し、それが花を枯れさせてしまう原因となります。そのため、夏場は毎日、それ以外の季節は3日に1回ほど水を替えるようにしましょう。その際冷蔵庫で冷やしておいた冷たい水を使うとお花の鮮度が良くなります。また、水を替えても花器がそのままだと良くないので、お水を替える際に花器も洗剤で良く洗ってください。

「切り花延命剤を使う」
切り花延命剤を使うことで花材や葉もの、枝ものを何も入ってないお水を使うより、長持ちさせてくれます。液体タイプと溶かして使うパウダータイプのものがあり、どちらもフラワーショップなどで購入可能です。

「漂白剤を入れる」
漂白剤を入れることで、殺菌能力を高めてくれる効果があります。入れすぎると花に対して負担になってしまうため、一滴くらいを目安に用いてください。

「10円玉を入れる」
銅イオンが殺菌能力を高めてくれる効果が期待できます。水盤を使う生け花の際は見えてしまうため用いることが出来ませんが、壺を使う投げ入れの際は10円玉を2、3枚入れてみるのもおすすめです。

まとめ

花材に合った水揚げや、水を替える際に少しの工夫をすることで、花を長持ちさせてみましょう。より長い期間生け花が楽しめるようになりおすすめです。

レンゲソウのプロフィール

一般名:レンゲソウ
学名:Astragalus sinicus
科名:マメ科
属名:ゲンゲ属
原産地:中国
草丈:約10~25cm
花形:輪性状花
開花時期:2~4月

レンゲソウの花言葉

レンゲソウの花言葉は、「心が和らぐ」、「私の苦しみを和らげる」、「感化」、「私の幸福」です。

レンゲソウの、緑肥としての働きは、肥料として作物によい「感化」を与える、「心が和らぐ」、といった言葉を表しているようです。「私の苦しみを和らげる」という言葉は、ギリシャ神話のエピソードに由来するようです。ギリシア神話によると、祭壇にささげる花を摘みに出たドリュオペは、ニンフが変身したレンゲソウを誤って摘んでしまったために、代わりにレンゲソウに姿を変えられてしまいます。そこで彼女が言い残した言葉が、「花は見な女神が姿を変えたもの、どうかもう、花を摘まないで」という願いの言葉だったとか。

レンゲソウの名前の由来

レンゲソウという名前は、蓮華草と書きます。レンゲソウは、クローバーに似た葉をもち、花茎のてっぺんに花が咲きます。紅紫色と薄紫の花の形が蓮に似ているといわれ、蓮華草と呼ばれるようになりました。属の和名は、ゲンゲです。「紫雲英」と書きます。これは、花が一面に咲いているようすが、遠くから見ると低くたなびく紫の雲のように見えることに由来します。ただ、ゲンゲはレンゲの転訛であるという説もあります。ゲンゲではなく、漢字のままでシウンエイと読むこともあります。

英名は、「Chainese milk vetch(中国の乳のスズメノエンドウ)」という名ですが、これは、中国原産で、この草を食べると羊の乳が増えるという意味があるそうです。牧草としても栄養価が高いようです。

レンゲソウの特徴

レンゲソウは、日本には17世紀ころに伝えられたと言います。緑肥となるので、水田の周りでよく見かけます。稲の収穫が終わった後、種をまいて栽培し、田植えの前にすきこまれていました。レンゲソウの根につくバクテリアが、稲にとって良い肥料となるのと、開花期の若い茎はチッソ含有量が高く分解も早いので、即効性を持っているためです。

レンゲは、緑肥として使われているだけでなく、蜜源としても有効な植物です。レンゲハチミツ、は、レンゲの花から集めた蜜を蜂がハチミツにしてくれたものです。レンゲの花の蜜は、花の起き上がっている部分を抜いて根元を吸うとほんのり甘く、味わうことができます。レンゲの若芽は、お浸しや野菜炒めとして食用にもできます。

日本の原風景を演出するレンゲソウ

幼いころに見たレンゲソウは、春先に田んぼに咲き乱れていて、紫の雲のように見えました。花が咲いているなあと思ったら、翌日には鋤かえされて、田んぼが紫から黒っぽい茶色に変わっていました。そうかと思ったら、田んぼに水が張られて、苗が植えつけられ、緑に変わり、稲が育つと、今度は金色になる、、、そんなサイクルの最初のステップが、レンゲソウだったように思います。レンゲが咲く乾いた田んぼの中で、花を摘んで花冠をつくって遊んだり、蜜を吸ったりといった思い出は、幼いころの「私の幸福」だった部分です。今でもレンゲというと、甘い蜜の味が思い出され、その懐かしさは、大人の世界にもまれて、身構えることが多くなった「心を和らげ」てくれるようです。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント