フレッシュフラワーアレンジメント 簡単リースに挑戦!

フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

フレッシュフラワーアレンジメント 簡単リースに挑戦!


使用材料

花材
・バラ17輪~18輪
・アジサイ4本~5本
その他材料
・ドーナツ型のオアシス(裏に台が付いているもの)1つ
・リボン35cm

方法

①まず、オアシスはあらかじめ水によく浸して、オアシス全体に水分が行き届くようにしておきます。今回は特に花器は使用しないので、オアシスをカットすることもありません。また今回のオアシスには台が付いているので、台を上にして水にオアシスを浸けて置くようにします。

②次に、アジサイをカットします。全体で直径4cmぐらいになるような塊に切り分けます。茎部分は根本まで全てオアシスに挿し込むので、2~3cmほどの茎の長さがあれば十分です。カットしたアジサイをまんべんなくオアシスに挿していきます。どこか一か所にかたまらないように注意しましょう。アジサイの上にバラを挿していくので、アジサイがこんもりしすぎないように注意してください。どうしてもアジサイが多いと感じる場合は、アジサイの花を少しカットして間引いてみてください。
③次に、バラをカットします。バラは茎部分2cm~2.5cmのところでカットします。カットしたらまず、リースの上部にバラを挿します。一定の間隔をあけながら時計回りにバラを挿します。花の向きは少し変化を付けるとより良いです。初心者の方で難しいと感じる方は、同じ向きにバラの花を揃えてアレンジしてみて下さい。上部が終わったら、側面にバラを挿していきます。こちらも一定の間隔をあけながら時計回りにバラを挿していきます。実際に壁にリースを飾った時のことを想定しながら花の向きを決めると上手くいきます。(初心者の方は上部と同様、同じ向きに花を揃えてバラを挿してみましょう。)
④最後にリボンをかけます。リース全体を覆うようにして真ん中でリボン結びをしたら完成です!

まとめ

以上が、簡単リースのアレンジメントの作り方になります。

このアレンジメントはオアシスに台が付いているものを使用しているので、机に置いても、壁に掛けてもアレンジメントを楽しむことが出来ます。花材の種類を増やすことで、また全然雰囲気の違ったアレンジメントを作ることが出来ます。是非試してみて下さい。

フレッシュフラワーについてのお話

フレッシュフラワー(生花)は、その名の通りナマバナになります。つまり、お野菜やお肉などのナマモノと同様に扱う必要があるのです。
お野菜やお肉などを使ってお料理するとき、特に夏場などは使うお野菜やお肉が腐らない様に手早く料理しますね。お花も同じなのです!温かい手でバラなどの切り花を握りしめて「どんなアレンジメントにしよう?」などと考えていては、いざアレンジメントをするという時にはその切り花はきっと使い物にならない状態になっていることでしょう。
生のお花をアレンジメントで使用する際には、使う直前(カットする直前)まで水に入れておきます。そして、花をカットしてからは、とにかく手早く作業を進めていきます。夏場など部屋の温度がかなり上がってしまう場合には、エアコンなどを付けて温度調整する必要もあります。
こうしたナマバナだからこその大変さはありますが、アーティフィシャルフラワーやプリザーブドフラワーでは出すことの出来ない魅力も沢山あります。こうした魅力を楽しみつつ、フレッシュフラワーのアレンジメントに挑戦してみて下さいね!

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)