簡単!フレッシュフラワーアレンジメント♪ブーケのようなアレンジメントの作り方

簡単!フレッシュフラワーアレンジメント♪ブーケのようなアレンジメントの作り方

使用材料

花材
・バラ9本
・レモンリーフ
・カスミソウ
その他材料
・オアシス1つ
・花器1つ
・リボン20cm(幅の広いもの)
・裸のワイヤー 1本

方法

①まず、花器にオアシスをセットします。オアシスはあらかじめ水によく浸して、オアシス全体に水分が行き届くようにしておきます。
オアシスは、花器にセットした際に花器から1cmほど出るように、余分なところをカットして花器にセットします。

②次にバラを挿していきます。バラは花のトップから茎までの長さを8cmにカットし、2cmほどオアシスに挿し込むようにします。 style=”font-size: 12pt”>バラの茎の残り部分(※)は後で使用しますので、捨てないようにしてください!
オアシスの2/3のところが今回のメカニカル・フォーカル・ポイントになります。メカニカル・フォーカル・ポイントに向かってまず中心のバラを35°の角度で挿します。中心のバラは最も綺麗で大き目なバラを選んでください。
次に、中心に挿したバラの両わきにバラをメカニカル・フォーカル・ポイントに向かって挿します。中心のバラよりはやや低い高さになるようにします。(バラは、茎の長さが長すぎた時には余分をカットしてください。)前から見た時に3本のバラが半円を描くような形でオアシスに挿されていることを確認してください。この3本で出来た列が今回のアレンジメントの中心になるので、ここの形付けには特に気を配りましょう。
次に、一番先端のバラを挿します。机と平行になるように、また中心のバラと同一線上にあることを確認しながらメカニカル・フォーカル・ポイントに向かって挿します。中心のバラと今挿したバラが横から見た時に1/4の円(やや楕円型)が描けていることを確認します。
次に、中心のバラと今挿したバラの間に出来た空間を2本のバラで埋めます。中心のバラよりもやや低くなるように、且つ、中心のバラと先端に挿したバラで作った円周を崩さないように、メカニカル・フォーカル・ポイントに向かって挿します。茎が長すぎたらカットして高さ調節します。
次に、中心のバラ真後ろにの後ろにバラを挿します。中心のバラ、先端に挿したバラと同一線上にくるように挿します。中心のバラとは逆方向から70°の角度で、メカニカル・フォーカル・ポイントに向かって挿します。高さは大体中心のバラと同じぐらいになるようにします。そのバラの両わきに2本のバラを挿します。今挿したバラに対して60°の角度でそれぞれメカニカル・フォーカル・ポイントに向かって挿します。
バラ全体を見て、どこか1本飛び出していたり、逆に引っ込み過ぎていたりしないか確認して、バランスを整えましょう。

③次に、残った茎部分(※)を挿していきます。最後に挿したバラの列の後ろ側に40°の角度でメカニカル・フォーカル・ポイントに向かって挿します。茎の長さはあらかじめ14cmに切りそろえ、オアシス部分には2cm~2.5cmほど挿し込みます。茎の先端が自然と広がるように調整しながら、1箇所にまとめて9本挿します。

④バラと花器の間に出来てしまった空間をカスミソウで埋めていきます。この時、カスミソウがバラよりも高くなってしまわないように注意しましょう。カスミソウはどこか一箇所にかたまらないよう、まんべんなく挿します。

⑤次にレモンリーフを挿していきます。茎とバラの間の空間を埋めるように挿します。ただ、そこだけに葉があるのはバランスが悪いので、バラの下などにも少しだけ葉を入れてナチュラルな感じに仕上げます。葉はあまり多くならないようにしましょう。

⑥最後にリボンをつけます。リボン結びにしたリボンの真ん中の輪部分にワイヤーを通し、リボンの後ろで2、3回ねじります。ワイヤの長さを7cmにカットし、バラ(葉)と茎の間の部分に挿し込みます。

まとめ

以上が、ブーケ風のアレンジメントの作り方でした。

シンプルで洗練されたこのアレンジメントは、お誕生日のお祝いや、婚約祝いのプレゼントに最適です。是非作ってみて下さい。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)