フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

フレッシュフラワーアレンジメント♪面白いアレンジメントに挑戦!

フレッシュフラワーアレンジメント♪面白いアレンジメントに挑戦!

使用材料

花材
・バラ(中輪)4本
・ガーベラ 6本
・デンファレ 4~5本
その他材料
・オアシス1つ
・花器1つ

方法

①まず、花器にオアシスをセットします。オアシスはあらかじめ水によく浸して、オアシス全体に水分が行き届くようにしておきます。オアシスは、花器にセットした際に花器から2cmほど出るように、余分なところをカットして花器にセットします。

②次に、机に平行にガーベラを挿していきます。ガーベラは、花のトップまでの長さが14cm(オアシスに挿した時の長さ:12cm)になるようにカットします。机と平行になるように、オアシスに側面部分に、メカニカル・フォーカル・ポイント(今回はオアシスの中心)に向かって挿します。なるべくガーベラの茎がカーブしないように挿しましょう。花が重くて茎がカーブしてしまうようであれば、茎の長さを12cmにカットし直し(※)、2cmオアシスに挿し込んでみてください。

③次にバラを挿します。バラの葉とトゲは全て取り除きます。バラの長さは花のトップまでで12cm(オアシスに挿した時の長さ:10cm)になるようにカットします。(②の(※)でガーベラの長さを12cmとした場合は、バラの長さは10cmにカットしてください。オアシスに挿し込む長さは2cmで変わりありません。)4本のバラが同じ高さになるように、オアシスのメカニカル・フォーカル・ポイントに向かってバラを挿します。上から見た時に、4輪のバラで四角形が出来るように、隣接するバラ同士が多少触れ合うぐらいの花間隔で挿します。

④最後にデンファレを挿して、オアシスのカバーリングをします。デンファレの茎は4cmにカットし、2cmオアシスに挿し込みます。デンファレだけで小さな半球が出来るように形付けをしながら、メカニカル・フォーカル・ポイントに向かって挿します。バラの花とデンファレの高さは、2.5cmほどの差が出るように高さ調節してください。

葉物を使わないアレンジメントのワンポイントアドバイス

今回のアレンジメントでは、葉物を全く使用していません。花だけのアレンジメントというと、締まりがなくなってしまったり、甘くなりすぎてしまったりと上手くいかないことが多いです。それだけに、花だけのアレンジメントにする場合もやはり「緑」を見せたくなりますよね。葉物を使わずに「緑」をみせるには、茎を上手く使うことがポイントになってきます。
今回のアレンジメントでは、茎を長く美しく見せることに重きを置いています。ガーベラの茎を短くカットせずに長いまま使用したり、デンファレとバラの高さにも差を出してバラの茎が見えるように工夫を加えています。もし、バラの茎が見えずにデンファレの花の中にバラの花が埋もれていたとしたらどうでしょうか。ただ花を詰め込んだアレンジメントという印象を持たせるアレンジメントになってしまうことでしょう。このように、葉物を使用しない場合は、茎の緑をちらりと見せて、花の美しさを引き立てるようにするとアレンジメント全体が洗練された素敵なものに変身します。是非このテクニックをアレンジメントに取り入れてみて下さい。

まとめ

以上が風変りアレンジメントの作り方でした。シンプルでモダンな形のこのアレンジメントは男性の方に人気です。父の日のギフトや誕生日のお祝いに作って差し上げてはいかがですか。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)