オフィスの人間関係をスムーズにする花風水

オフィスの人間関係をスムーズにする花風水

オフィスの花風水

上司や同僚や部下など、オフィスは様々な人と関わる場所です。人によっては家で過ごす時間より職場で過ごす時間の方が多い方もいるのではないでしょうか。家庭での人間関係はもちろん大事ですが、子供の時には学校の人間関係、仕事に付いたらオフィスでの人間関係はとても重要なものです。一人でも相性の悪い人が居れば、そのオフィスには足を踏み入れるのも嫌になってしまいます。オフィスの人間関係というの私たちにとって人生をも左右するものと言っても大げさではありません。今回は、そんなオフィスの人間関係をスムーズにする花風水について紹介いたします。

人間関係をスムーズにする色

風水では「風」の気を持つ緑とオレンジ色が人間関係の風通しを良くする色とされています。緑やオレンジ色の服を着るのはなかなか難しいかもしれませんので、アクセサリーなどでワンポイントとして使ってみてください。また、これらの色は花風水で取り入れやすい色となっていますので、早速オフィスに花や植物を飾ってみてはいかがでしょうか。

緑の花や植物を使ったオフィス花風水

人間関係を良くする効果のある緑色と相性が良いのは南東と南です。このどちらかの方位に緑の花や観葉植物の鉢植えを置きましょう。

【南東】風水では南東は風が流れ込む「風」の方位とされています。この方位を整えることにより人間関係やバランスなどの運気が上昇しますが、オフィスの場合は勝手に物の配置を変えられません。ですから小さくても良いので観葉植物の鉢植えを置くことをおすすめします。もちろん他の人がぶつからないような場所で、また上司や周りの人に断ってから置くようにしてくださいね。

【南】風水では南も観葉植物を置くのにおすすめの方位です。日当たりも良く「陽」の気であふれている南に植物を置けばその場の運気を更に上昇させることができます。何となく暗い、空気が重いなどと感じるようなオフィスには花や観葉植物が無いことがほとんどだったりします。運気が良い場所では人間関係もスムーズになりますので、やはり小さなものでも良いので観葉植物を飾ってみましょう。

緑色の花や植物:ピンポンマム、スプレーマム、またはレモンリーフ、ハラン、モンステラなどの葉物。観葉植物の鉢植えはハイドロカルチャーではなく土植えのものを選んでください。

オレンジ色の花を使ったオフィス花風水

人間関係を良くする効果のあるオレンジ色と相性の良い方位は北です。暗く寒いイメージのある北は暖かいイメージのある暖色を好みます。オフィスのこの方位が暗く感じるときは、オレンジ色の切り花や鉢植えを飾ってみてはいかがでしょうか。

【北】風水では北は「冬」の季節を表し、日当たりも良くないので「陰」の気を帯びている方位とされています。ですが北の環境が整っていれば悪い運気を流して浄化してくれる場所になります。オフィスの北側にオレンジ色の花や鉢植えを飾ればその場の気の流れが良くなり、人間関係が良くなる効果が期待できるでしょう。

オレンジ色の花:バラ、カーネーション、ガーベラ、ダリア、ユリ、ラナンキュラス、マリーゴールド、ヒマワリ、ベニバナなど。

オフィスの花風水まとめ

今回はオフィスの人間関係をスムーズにする花風水について紹介いたしました。人間関係に効く色は「風」を感じさせる緑色やオレンジ色です。もちろん実際の風通しを良くすることも風水的に良いので、休憩時間には窓を開け風を入れるなどして換気を良くすることを心がけてください。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント