カラー別の花風水効果と相性の良い方位

カラー別の花風水効果と相性の良い方位

カラー別の花風水効果

風水に置いて「色=カラー」は重要な役割を持ちます。基本的にはどこに何の花を飾っても運気を上げるというのが花風水の考え方ですが、効果的な花のカラーを組み合わせることにより、さらに効果を発揮させることができます。またカラーごとに相性の良い方位と言うものがあり、カラーが方位の持つ気を強めてくれる効果があります。今回は、カラー別の花風水効果と相性の良い方位について紹介いたします。

白のカラー別花風水

【白い花は万能に使える】白い花は基本的にどの方位とも相性が良く、他のカラーを引き立てる効果も持っています。また、白には癒しと浄化の効果があり、悪い気を流してくれます。

【白と特に相性の良い方位】北、北西、西。「陰」の気を持つ北に白い花を飾れば悪い気を浄化する効果があります。北西に飾る白い花は事業運や財運を上げる効果があります。西は黄色と同様に白とも好相性の方位。「金」の方位である西に白い花を飾れば金運アップの効果が期待できます。

黄色のカラー別花風水

【黄色は明るさや元気の色】ビタミンカラーのひとつに数えられる黄色は心を明るくして元気にさせてくれるカラー、気力をアップさせてくれるカラーです。また黄色は視覚的に暖かさを感じさせる暖色でもあります。暗く感じる場所や寒い場所に黄色の花を飾れば明るい雰囲気になります。

【黄色と相性の良い方位】北東、南西、西。北東に黄色の花を飾ればチャレンジ運がアップすると共に、貯蓄運アップの効果が期待できます。南西は黄色と同じ「土」の気を持ちます。また南西は「主婦の定位」でもあり、黄色の花を飾れば女性の運気をアップ=家庭運もアップさせてくれます。「金」の気を持つ西に黄色い花を飾れば金運アップの効果が期待できます。

ピンクのカラー別花風水

【ピンクは恋愛運アップの色】暖色に分類されるカラーであるピンク。女性の魅力アップ効果や恋愛運を上げるとされるカラーです。またピンクは優しさを表し、ピンクの花を飾れば柔らかい雰囲気を作り出します。風水では恋愛のことを「桃花」と呼び結婚運のことを「桃花運」と呼びます。桃=ピンクですので、ピンクの桃は特に恋愛運を上げるとされる花です。

【ピンクと相性の良い方位】北、北西。「冬」を表す北は暖色であるピンクと相性が良い方位です。北西は仕事運を上げる方位。北西にピンクの花を飾れば仕事運や事業運をアップさせ、財運を得る効果があると言われています。

赤のカラー別花風水

【赤は人気運やビューティー運に効く】赤いバラが「情熱」という花言葉を持つように、赤は「火」の気を持つ情熱的なカラーです。赤は人気運を上げ、アクティブになれるカラー。また代謝がアップするカラーと言われており、シェイプアップしたいときに取り入れたい色です。

【赤と相性の良い方位】東、南。東に赤い花を飾れば恋愛運や結婚運を引き寄せる効果があります。南は赤と同じ「火」の気を帯びていますので相性が良い方位とされています。南に赤い花を飾れば人気運や社交運がアップしますが、たくさんの赤のカラーを多用すると疲れてしまいますのでほどほどにしておきましょう。

青のカラー別花風水

【青は落ち着きと冷静を表す】「水」の気を持つ青は仕事運アップや勉強運、試験運アップの花風水に取り入れたいカラーです。また、青は食欲を抑える効果がありますので、青い花を食卓に飾ればダイエット効果があると言われています。

【青と相性の良い方位】東、南東。東は風水では「長男の定位」と言われ、若さを象徴する方位とされています。東に青い花を飾れば子供の勉強運アップ効果が期待できます。南東は「長女の方位」であり、やはり勉強運をアップさせる方位。南東に飾る青い花は特に女の子の運気を上げてくれます。

カラー別の花風水効果まとめ

今回は、カラー別の花風水効果と相性の良い方位について紹介いたしました。どこに何の花を飾っても運気を上げるというのが花風水の考え方ですが、適した方位に適したカラーを配置することでさらに効果を実感することができます。是非花風水をするときの参考にしてみてください。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント