フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

花を飾れば運気が上がる花風水の方法

花を飾れば運気が上がる花風水の方法

運気が上がる花風水

運気が上がると言われる花風水。「花風水」という言葉は聞いたことがあってもいまいちよく分からない…という方もいるのではないでしょうか。花を飾ることでなぜ運気を上げることができるのでしょうか?今回は、花風水とはどのようなものなのか、またそれ以前に風水とはどのようなものなのかを説明していきたいと思います。

風水とは

風水とは古代中国の占術から発展した、気の流れを物の配置により整える環境学、学問です。中国から日本に伝えられた風水の理論は、陰陽道や家相が取り入れられて独自にアレンジされて現代に至ります。現代の日本の風水は「環境を整えて運気をアップする方法」となり、建築学にも応用されています。

花風水とは

風水に花の持つ気のパワーをプラスしたのが花風水。花や植物は運気を上げるものとされ、基本的にどこに何の花を飾っても運気をアップするとされるのが花風水の考え方です。ここに花の色や方位を組み合わせれば更なる効果アップが期待できるでしょう。

花を飾る方位について

花風水では目的ごとに、花を飾る方位が異なります。叶えたい目的に合わせた方位に花を飾って効率よく運気を上げましょう。

【北】季節では「冬」を表し「水」の方位とされる北。落ち着いた方位なのでお金の保管場所に良いとされています。北を整えれば悪い運気を浄化したり恋愛運や金運が向上します。

【北東】季節では「初春」を表し「山」の方位とされる北東は、変化やチャレンジを表す方位です。また、北東を整えれば貯蓄運が上がると言われています。貯蓄運は安定を必要としますので、北東に花を飾るときには安定感のある花瓶を使いましょう。

【東】季節では「春」を表し「雷」の方位とされる東。家族の定位では「長男の定位」とされ、この方位を整えることで勉強運が向上します。また東は恋愛運を上げる方位でもあります。

【南東】季節では「初夏」を表し「風」の方位とされる南東。家族の定位では「長女の定位」とされ、特に女の子の居室に向く方位です。この方位を整えれば勉強運や家庭の運気がアップします。

【南】季節では「夏」を表し「火」の方位とされる南。「陽」の気であふれている方位です。この方位を整えることで社交運や人気運、ビューティー運、知性や芸術の分野の運気がアップします。

【南西】季節では「晩夏」を表し「大地」の方位とされる南西。家族の定位では「主婦の定位」とされ、女性の居室に向く方位です。この方位を整えれば女性の運気や家庭の運気がアップします。

【西】季節では「秋」を表し「沢」の方位とされる西。「金」の気を帯びているので金運アップの方位とされています。また沢の方位ですので、この方位の水を綺麗にしておくことも運気アップにつながります。

【北西】季節では「晩秋」を表し「天」の方位とされる北西。家族の定位では「主人と定位」とされ、この方位を整えることで一家の主や会社のリーダーの仕事の運気がアップします。また北西は事業運を上げて財運を上げる方位とされています。

方位ごとの好相性の花色

ここでは方位別のラッキーカラーを見ていきましょう。方位と相性の良い色の花を飾れば運気アップ効果がより実感しやすくなります。

【北】ピンク、白

【北東】白、黄

【東】白、青、緑

【南東】青、白、オレンジ

【南】赤、紫、青

【南西】黄、紫

【西】白、黄

【北西】黄、ピンク、白

運気が上がる花風水まとめ

今回は、花風水とはどのようなものなのか、またそれ以前に風水とはどのようなものなのかを紹介いたしました。ただ飾っても運気を上げてくれるのが花であり花風水です。そこに花色と方位を組み合わせて効率よく運気をアップさせましょう。

 

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント