フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

恋に効くとっておきの恋愛花風水

恋に効くとっておきの恋愛花風水

恋に効くとっておきの恋愛花風水

環境を整えて運気をアップするのが風水。この風水に花の持つ運気のパワーをプラスしたのが花風水です。花風水で上げたいのは恋愛運という方も少なくないと思います。恋愛運アップの花風水はたくさんありますが、どこで調べても花はガーベラ、色はピンクという方法がヒットします。でも本当に恋愛運をアップさせるのはピンクのガーベラだけではありません。今回は、ピンクのガーベラ以外の花を取り入れた、とっておきの恋愛花風水を紹介いたします。

恋愛運に効く方位

【恋愛運に効く東の方位】恋愛運を高める方位はズバリ「東」です。風水では東の方位に赤い花を飾ると恋愛運を上げると言われています。ピンクの花ではありません。赤い花の中でも、特に大輪の花は効果が高いのでおすすめです。赤い大輪の花は牡丹(ボタン)、芍薬(シャクヤク)、薔薇(バラ)、ダリア、カーネーションなど様々ありますが、この中でも特に効果が高いとされるのが牡丹と薔薇です。牡丹と薔薇というと、いつぞやのテレビドラマを思い出しますね。

【恋愛運に効く牡丹】牡丹は「陽」の気が強い花と言われています。しかも大輪の花を咲かせますので恋愛花風水にはとても適している花なのです。また、牡丹と似た花に芍薬がありますが、芍薬は「草」なのに対し牡丹は「木」です。気である牡丹の切り花はとても花持ちが良いので長い期間観賞することができます。

【恋愛運に効く薔薇】薔薇も「陽」の気が強い花のひとつです。ゴージャスな美しさを感じさせる薔薇は、どの方位とも相性が良いのでお好きな場所に飾っていただけます。もちろん恋愛運を上げるなら赤い大輪の薔薇を東の方位に飾りましょう。

恋愛運に効く桃花位

【桃花位について】風水では恋愛のことを「桃花」と呼び、結婚運のことを「桃花運」と呼びます。そして恋愛運や結婚運を上げる方位を「桃花位」と呼びます。ちなみに風水では女性を「花」に例えます。このことからも花風水は女性に効きやすい風水と言われています。桃花位は人それぞれ違い、生まれた年の干支で決まりますので、ご自身の桃花位を見つけてみてください。この桃花位に花を飾れば恋愛運がアップします。また桃花位に適した花の本数がありますので参考になさってください。

桃花位:北→ 亥(いのしし)、卯(うさぎ)、未(ひつじ)→1本or6本

桃花位:東→ 寅(とら)、午(うま)、戌(いぬ)→3本or8本

桃花位:南→ 巳(へび)、酉(とり)、丑(うし)→2本or7本

桃花位:西→ 申(さる)、子(ねずみ)、辰(たつ)→4本or9本

【桃の花や実も恋愛に効く】桃花=恋愛と言うだけあって、桃の花も恋愛運アップに効く花とされています。女の子の節句であるひなまつりでも桃の花を飾るように、女性と桃は密接な関係にあります。このことからも、桃の花は女性の幸運を引き寄せるのに適していると言えます。また、桃の実は「三柑の実」のひとつに数えられ、子宝を授かる運気があると言われています。桃は恋愛運だけでなく結婚後の女性にも作用するということですね。

恋に効くとっておきの恋愛花風水まとめ

今回はピンクのガーベラ以外の花を取り入れた、とっておきの恋愛花風水を紹介いたしました。赤い牡丹と赤いバラ、ピンクの桃は恋愛運を上げるのにとても適している花です。東に飾る赤い大輪の花と桃花位は、数ある恋愛花風水の中でもとっておきの方法ですから良い恋愛に出会いたいときには是非取り入れてみてください。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント