お部屋の中で楽しむ花風水のすすめ

お部屋の中で楽しむ花風水のすすめ

部屋と風水

ルームコーディネートは、風水では欠かせない要素の一つです。良い「気」を取り込み、悪い「気」を追い出すことで運を高める風水ですが、その「気」の流れの場となるのがお部屋です。

そういうわけで、お部屋の環境をより良く整えることが風水で幸運を掴むための最初の一歩と言っても過言ではありません。ここではそんなお部屋の気を整えるためにおすすめする花風水の手法をご紹介します。

部屋に花を飾るならここ!

広い家の中で、どこに花を飾るのが効果的なのか、疑問に思う方も多いと思います。花を飾るのにおすすめの場所を三つご紹介します。

一つ目は、玄関です。玄関は人だけでなく気の出入り口でもあり、ここから良い「気」を取り入れ悪い「気」を追い出します。普通に生活しているだけでも悪い気というのは生まれてしまうものなので、玄関の気の流れが滞ると家全体に悪い気が溜まってしまいます。そこで、ここに花を置けば玄関の運気が高まって気の流れを助けてくれるでしょう。また、花は良い気を呼び込む作用がありますので、玄関から入ってくる気をより良いものにすることができます。

二つ目は、寝室です。人は寝ている間にその運気を補充すると言われており、それには周りの気がとても重要です。寝室、さらに言えば枕元に花を飾れば、休んでいる間に花から発される良い気を補充できるので、完璧な運気で朝を迎えられるでしょう。

三つ目は、トイレです。トイレは不浄な場所であり、悪い気が溜まりやすい場所であるとされています。トイレの悪い気を放置していては、用を足すたびにその気に身を晒すことになるだけでなく、家全体に悪い気が広がってしまいます。花は悪い気を飲み込んでしまうと言われているので、トイレに花を飾って悪い気への対策をしていくことが大切です。

部屋の中に飾るおすすめの花

全体の気の流れを良くするために飾る花は、飾る場所の方角によって決めることが重要です。それぞれの方角と相性の良い色の花を飾れば、家の中により良い気を巡らせることができるでしょう。

まず北に飾ると良い花は、ワインレッドやオレンジなど温かみのある色の花です。具体的にはガーベラやスイートピー、マリーゴールドなどがあります。また恋愛運を司る北には同じ運気を上げるピンク色の花もおすすめです。

次に東に飾ると良い花は、赤や青などの原色系ではっきりとした色の花です。具体的にはチューリップやバラ、ヤグルマソウなどがおすすめです。東は仕事運を司る方角なので、赤色は特に相性が良いといえます。

続いて南に飾ると良い花は、緑や白、紫などの中間色の花です。具体的には、ユリや胡蝶蘭、ラベンダーなどです。緑が相性が良いので、観葉植物を飾るのも良いでしょう。

最後に西に飾ると良い花は、黄色やピンクなどの明るく目を惹く色の花です。具体的には、ひまわりやシクラメン、コスモス、フリージアなどが挙げられます。西は金運を司る方角でもあるので、黄色を飾るとさらにその効果を高めてくれるでしょう。

まとめ

部屋の環境整備は風水を上手に使って幸せになるなめのはじめの一歩です。お部屋に花を飾るのはその家に運気を呼び込むとても簡単な方法ですので、ぜひチャレンジしてみてください。まずはあなたの家の玄関がどの方角にあるか認識するというところから始めてみてはいかがでしょうか。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント