フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

栄養価が高い!赤茄子の育て方とおすすめの料理とは?

栄養価が高い!赤茄子の育て方とおすすめの料理とは?

科目

ナス科

別名

トマト、唐柿、小金瓜、蕃茄

学名

Oolanum lycopersicum

原産地

南米ペルーアンデス高地

花の説明

赤茄子というのはトマトの別名です。よく野菜か果物か問われる場がありますが、トマトは野菜になります。トマトは非常に栄養が豊富で、ヨーロッパでは「トマトが赤くなると医者が青くなる」ということわざがあるほど、様々な薬効成分があります。

ビタミンCがたっぷり含まれており、トマト1個で1日に必要なビタミンC量の半分を摂取することができると言われています。また、真っ赤な色のもとでもあるリコピンも豊富に含まれています。リコピンは、細胞を傷つける活性酵素の発生を抑制する働きがあり、生活習慣病やがん予防に効果があると注目されています。その他にもクエン酸、リンゴ酸、コハク酸、カリウム、β—カロテンなど、二日酔いにも効きますし、血圧を下げる効果もあります。

生でも、飲み物としても、ケチャップなどの加工品としても、使用できるとにかく栄養素の高い万能な野菜です。

時期

開花時期:4月〜6月、植えつけ・植え替え時期:4月〜5月です。

栽培の特徴について

トマトは自宅などにあるプランターでも多くの実を付けてくれます。種蒔きは2月〜3月ですが、苗を5月前後に植えます。トマトはナス科なので連作障害に注意する必要があります。同じナス科のピーマン、ナス、ジャガイモなどを植えつけた場所は避けるようにしましょう。最初に咲いた花をしっかりと結実させることが重要です。これは、葉が茂ると、花が咲いても結実しずらくなるためです。また、雨が降ると、実が割れてしまうため、雨に当たる場所であれば、ビニール袋などを使用し雨が当たらないよう水避けしてください。脇芽が伸びると失敗しやすいため、脇芽を取り、一本立ちにしてください。

水やりと肥料について

トマトは乾燥に強い植物です。但し、水をやり過ぎると傷みやすいです。土が乾いたらたっぷりと水を与えてください。その際、水やりにムラがあると、皮が硬くなってしまいますので注意が必要です。肥料はカリとリン酸の多い肥料を与えます。カリはトマトを甘くしてくれます。1週間に1回は液肥を与えます。

植えつけ・植え替えについて

3月〜4月に葉っぱに黒い斑点が出るのは冷害が原因のため、室内に避難させてください。実がなる程度に成功したら、必ず支柱をします。支柱をしないと重さで茎が折れて倒れてしまいますので注意が必要です。用土は市販の培養土で植えます。畑などに植える際は連作障害に気をつけてください。

管理、日当たり、気温などについて

日当たりの良いところで管理します。ただし、雨などにあたると実が割れてしまいますので、気をつけてください。適した気温は25度以下、10度以上です。

まとめ

今回、赤茄子(トマトの別名)についてご紹介しましたが、育てる際、雨などの気をつけるべき点などはありますが、自宅でのガーデニングにも向いていて、育てば食事にも使用することができるため、初心者の方にも自宅で育ててみることにオススメです。ご存知の通り、非常に栄養価が高く、ビタミンCも豊富で、がん予防にも効くとも言われる成分も含まれていますので、ガーデニングでの気分転換と健康面と、育てることで両方にとって非常に良いことの多い植物です。ヨーロッパでは、医者が嫉妬すると言われるくらい薬効成分があること広く認知されています。毎日赤茄子を1個は食べて、健康的な日々を送っていきたいですね。あと、トマトは果物ではなく野菜になりますので、ご注意ください。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)