ピンクの小さい花が咲く!赤花の名前の由来と花の特徴について♪

ピンクの小さい花が咲く!赤花の名前の由来と花の特徴について♪

科目

赤花(アカバナ)科 アカバナ属

学名

Epilobium pyrricholophum

花の特徴について

アカバナ科の多年草です、山麓や野原の水湿地に生えます。秋には薄ピンク色の小さい花が咲きます。茎には稜がなく円柱形で、高さは15〜90cmになります。短い腺毛が生え、上部で多くの枝を分けます。葉は長楕円形で、葉身は長さ2〜6cm、幅0.7〜3cmです。基部は広いくさび形からやや心形で、緑にあらい鋸歯がありギザギザしています。茎と葉は、紅紫色になることがあります。

花期は7月〜9月です。花の基部に細長くつく花柄状のものは、後に果実になる子房で腺毛がつきます。花は淡紅白色から紅色で径約8mm、花弁は4個、倒卵形で先端が2裂します。雄しべは8個あり内4個が長いです。雌しべの柱頭は棍棒状です。果実は4稜形の細長い蒴果で長さ3〜8cmになり、短い腺毛があり、先端から裂開します。

分布と生育環境について

日本国内では、北海道、本州、四国、九州に分布し、山麓や野原の水湿地に生育します。海外では、朝鮮半島、中国大陸、樺太、千島列島に分布します。

名前の由来について

和名のアカバナは、「赤花」の意味で、夏以降に茎葉が紅紫色になることによります。学名のEpilobium pyrricholophumは、「Epilobium:アカバナ属」「pyrricholophum:赤色の種毛のある」「Epilobium(エピロビウム)」は、ギリシャ語の「スミレ色の花が長い子房の先に咲く」ことを表現した言葉に由来します。

アカバナ科について

フトモモ目の科で、その多くは多年草。まれに低木があります。約640〜650種があり、世界中に分布しています。フクシア、ツキミソウ、マツヨイグサなどを含みます。世界に約37属あり、日本には5属が分布しており、その他、帰化種・栽培種があります。花はふつう4数性か2数性。雄しべと花弁は同数か2倍数となります。

主な属としては、ヤナギラン属・ミズタマソウ属・サンジソウ属・ガウラ属・アカバナ属・チョウジタデ属・マツヨイグサ属などになります。

アカバナ属について

アカバナ科の属の1つです。日本には12〜13種分布しており、世界の温帯から寒帯には約220種分布しています。

日本に分布する種としては、ケゴンアカバナ・イワアカバナ・アシボソアカバナ・カラフトアカバナ・エダウチアカバナ・ヒメアカバナ・オオアカバナ・ミヤマアカバナ・シロウマアカバナ・エゾアカバナ・ホソバアカバナ・トダイアカバナ・アカバナ・ムツアカバナなどになります。

まとめ

アカバナ科の多年草であるアカバナは、山麓や野原の水湿地に生えています。葉は緑にあらい鋸歯がありギザギザしていますが、茎と葉は紅紫色になることもありますし、秋には薄ピンク色の小さい花が咲きとてもキレイです。7月〜9月が花期で、国内の多くの場所でアカバナを見ることができます。咲いている場所には非常に多くのアカバナが咲いており、1つ1つは小さい花ですがたくさん集まることで見応えもでて、キレイで心を落ち着かせてくれます。小さい花でやや薄めの色ということもあり、どこかか細い可憐な印象を受ける花です。たくさんの集合体になることで存在感を増します。同じアカバナ科、アカバナ属も国内にたくさんの種がありますので、比較してみるとおもしろいです。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)