赤花常磐満作の原産地、開花時期、育て方、寄せ植え、花言葉

赤花常磐満作の原産地、開花時期、育て方、寄せ植え、花言葉

読み方

あかばなときわまんさく

別名

紅花常磐満作(べにばなときわまんさく)

科目

マンサク科トキワマンサク属

学名

Loropetalum chinense(常磐満作)

Loropetalum:トキワマンサク属、 chinense:中国の

Loropetalum(ロロペタラム)は、ギリシャ語の「loron(革紐)+petalon(花弁)」が語源。革紐のような花弁に由来しています。

原産地

中国南東部、インド北東部、日本(静岡県、三重県、熊本県)

開花期

4月〜5月

特徴について

マンサクの変種にあたります。トキワマンサクの中で、ピンク色の花は、「赤花常磐満作(あかばなときわまんさく)」または「紅花常磐満作(べにばなときわまんさく)」と言われます。紅紫色の花を咲かせます。葉が赤紫になる「銅葉」と緑色の「緑葉」があります。美しい花色のため、観賞用に庭木にも広く利用されています。葉が蜜に茂り樹木も低く抑えることができるので生垣に用いられることもあります。草丈は4M〜5Mです。

花言葉

私から愛したい

花の特徴について

枝先に赤い花が6〜8個集まります。花びらは4枚で細長いひも状です。

葉の特徴について

葉は卵形で互い違いに生えます。

実の特徴について

葉は卵形で互い違いに生えます。

常磐満作とは

中国南東部、インド北東部、日本などに分布する常緑性の低木〜中高木です。樹高は3M〜4Mになります。日本での自生は極めて限定的で、静岡県湖西市・三重県伊勢新宮・熊本県荒尾市のみとなります。花期は5月頃で細長い4枚の花弁の花を咲かせます。花の色は、基本種はごく薄い黄色で、紅色の変種であるベニバナトキワマンサクLoropetalum chinense var.rubrum(中国原産で葉も赤みを帯びる)がよく栽培されています。トキワマンサク属には、この他に、中国南部などに分布する2種の高木、L.lanceum及びL.subcordatumがあります。常磐満作は、海外から偶然持ち込まれて発見され、後に国内での分布も確認されたというおもしろい経歴があります。日本で発見されたのは、中国から輸入されたランの鉢についていた苗でした。それが開花し、トキワマンサクの名が付けられました。当時、中国特産の樹木とされていましたが、1931年に伊勢新宮で発見され、後に日本、インドでの分布も確認されました。

マンサク科について

双子葉植物の科です。世界の亜熱帯から暖帯にかけて、27属80〜90種が分布しています。日本にもトサミズキ、マンサクなどの自生種があり、庭木として古くから栽培されています。主な属としては、トサミズキ属、マルバノキ属、イスノキ属、マンサク属、トキワマンサク属、シャクナゲモドキ属があります。低木または小高木で、葉は単葉で托葉があり、螺旋状に生じます。花は総状花序または穂状花序で、花弁は4枚または5枚です。

まとめ

常磐満作の中でピンク色の花は、赤花常磐満作または紅花常磐満作と言われます。中国やインドでも栽培されていますが、日本国内の静岡県湖西市・三重県伊勢新宮・熊本県荒尾市でも栽培されています。出身地である地元福岡の田舎でよく見ていた花です。庭木にしてある家庭も多く、通学路のを歩いていると見える家の庭に赤花常磐満作がよく植えてありました。季節感が出てとてもキレイな庭だったのを覚えています。また、栽培地の熊本県荒尾市も近くでよく行くのですが、常磐満作はよく植えられており、いつ見ても違った表情で自然の植物の良さを感じ取ることができます。中には盆栽のように鉢植えにしてある方もいらっしゃって、小ぶりでとてもキレイだったのを覚えています。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)