フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

バーベナの上手な育て方のコツをご紹介!花言葉とバーベナに合う花とは?

バーベナの上手な育て方のコツをご紹介!花言葉とバーベナに合う花とは?

基本情報

科目:クマツヅラ科
別名:ビジョザクラ
原産地:北アメリカ、南アメリカ

バーベナの特徴、花言葉

さて、今回ご紹介するバーベナですが、5~10月の比較的長期間花を咲かせるアメリカ出身の一年草、または箱根草です。草丈は20~150センチと種類によってかなりの差がありますが、ポピュラーに育てられているバーベナは背の低いものが多いです。また、バーベナには「立ち性タイプ」、「クリーピングタイプ」があり、どちらも桜に似た形の小花が集まり、重量感を持った花笠状へと育って行きます。立ち性タイプは高性種と呼ばれ、茎が立ち上がるようにして伸びるのに対し、クリーピングタイプは這うようにして広がるためほふく性種とも呼ばれています。花色は白、赤、ピンク、ムラサキ、青紫などバリエーションが豊な花色になっています。花言葉としては、「魔力」や「魅力」といった意味があります。どちらも熾烈でアメリカらしいと言えばアメリカらしいですが、惹き付けられるような花言葉ですね。

バーベナの上手な育て方

育て方としては、園芸を趣味となさっている方には適度に楽しめますし、初心者の方でもなかなかボリュームのある園芸を楽しむことのできる花でしょう。まず、前述したとおりバーベナには「一年草タイプ」と「箱根草タイプ」がありますので、最初は一年草タイプから見て行きましょう。一年草タイプの毎日のお手入れとしては、枯れた花は花茎ごと切り落とすことが重要です。切り落とさない場合、その花に栄養を持っていかれ次の種を作る栄養がなくなってしまいますので注意しましょう。また、株が疲労しますと目にわかるほどに開花期間が短くなります(若しくは一定期間の間花がまったく咲かなくなる時期が出てきます)。置き場所としては、屋外の日当たりの良い場所が適しています。このとき、気温に敏感なバーベナを気温の変化から保護するために露地植えよりも場所を頻繁に移動できる鉢植えなどが便利になってきます。次に、箱根草タイプのお手入れですが、こちらは9月頃から夏の終わりにかけて全体を半分ほどに切り戻すと、秋にバランスの良い草姿で花を咲かせてくれます。置き場所としては、日当たりがよく多湿を避けた風通しの良い場所で育てましょう。また、暑さや寒さに強く生育も丈夫ですので露地植えが適しています。

バーベナに合う花って?

一緒に植えたいお花としては、白いベゴニアなどの花の輪郭がくっきりとした可愛らしいお花ですとバーベナのお姉さんらしさが強調され芳しい花壇になるのではないでしょうか。また、ピンクのペチュニアなどはバーベナの小柄さや花が咲き乱れる様子とバランスが良く取れ、均衡の取れた草姿に仕上がるのではないかと思います。

まとめ

今回はバーベナについてまとめさせて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。執筆者としては、バーベナはクリーピングタイプで花を垂れながら花壇を飾りますと、バーベナの魅力をより際立たせることが出来るのではないかと感じます。また、オレンジ色のバーベナの色は他とは違い淡く控えめで、どこか涼しさすら匂わせるような色でますます素敵な花のように感じることが出来ます。厚みの感じられる優しい香りの花びらは、ついぱくっと食べてしまいたくなるような可愛らしさです。何よりも、この「魔力」や「魅力」といった花言葉は非常に珍しく言葉の通りに神秘的で惹き付けられますね。皆様も、芳しい香りと花付きで人目を惹いてくれるそんなバーベナを、これから育ててみてはいかがですか。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)