フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

ヒヤシンスの原産地、育て方、花言葉、寄せ植え

ヒヤシンスの原産地、育て方、花言葉、寄せ植え

基本情報

科目:キジカクシ(ユリ)科ヒヤシンス属
別名:夜香蘭、ダッチヒヤシンス、ニシキユリ
原産地:ギリシャ、シリア、トルコ

ヒヤシンスの特徴、花言葉

さて、今回ご紹介するヒヤシンスですが、こちらは3~4月の間に花を咲かせる春咲き球根です。特徴としては、ヒヤシンスは球根を見るとおおよその花の色を特定することが出来ます。また、通常は一個の球根から一本の花茎が出ますが、大きいものですと1~2本の花茎が伸びる場合もあります。最近では、このような何本もの花茎が一度に出て咲くマルチフローラルタイプの人気もあり品種の育成にも力が入れられています。草丈は20~30センチとすらりとした背の高さで、地際からやや厚みのある大幅の葉を放射状に広げ、3月頃に中心から花茎を伸ばして花を咲かせます。比較的想像しやすい構造ですね。花色は白、ピンク、黄、紫、青、赤などバリエーションが豊かで香りも芳醇です。一般的に呼称される「ヒヤシンス」という名前ですが、この名前は母国であるギリシアの神話の美青年ヒュアキントスと言う人物に由来しています。花言葉としては、「スポーツ」「遊び」「悲しみを超えた愛」といった意味があります。人間の享楽を尊重する優しいヒューマニズムが感じられる花言葉ですね。

ヒヤシンスの上手な育て方

育て方としては非常に育てやすく、園芸初心者の方にも気軽に楽しんでいただけるお花です。毎日のお手入れとしては、球根を弱らせないように花が枯れてきた頃に花がらをこまめに摘み取ることが重要になってきます。花茎ごと切ってしまいますと、切り口から雑菌が入り腐らせてしまうことがありますので、そういったリスクを考えますと花がらだけをこまめ摘み取ることが大切だと分かりますね。花茎ごと切り落とす花もたくさんありますが、ヒヤシンスはダッチ系の品種ですので花茎が太く雑菌が入りやすいのです。置き場所としては、十分に日の当たるところに置くと良いでしょう。しかし、ヒヤシンスは花芽をつけるのに一定の低温に当たる必要がありますので、その特性を利用し外で寒さに十分当ててから室内に取り込みますと花がよく咲きますよ。水やりのコツとしては、土の表面が乾いたらたっぷりと与えてあげると良いでしょう。植え付けを行ってから葉が枯れたその後は徐々に休眠に入っていきますので、水やりの回数も徐々に減らして6月ごろにはストップすると良いですね。

ヒヤシンスに合う花って?

一緒に植えたいお花としては、アネモネなどの花穂が大きく茎のラインが綺麗なお花ですと、ヒヤシンスの葉の力強さや色の美しさがより際立ち芳しい香りを漂わせるような花壇になるのではないでしょうか。ヒヤシンスの謙虚で且つ照り輝くような花筋が、アネモネの深い紫に良く合いますね。また、フィカス・プミラなどの観葉植物と一緒に植えても、豪華な植物園を思わせるような美しいお庭になるかと思います。

まとめ

今回はヒヤシンスについてまとめさせて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。執筆者としては、ヒヤシンスは小さな花ひとつひとつの質感も葉の力強さも、花言葉の「スポーツ」や「遊び」といった人間の心に寄り添うような心を精一杯に形容しているように感じます。ひとつひとつ小さいながらも包容力のある健やかな厚さの花びらは、現代の中に生きる私達に希望を与えてくれますね。 また、美しく整った花姿の他の花では形容のしがたい青と紫との融和には常に魅了され、茎を裁つことに非常に抵抗を感じるほどです。これからも変わらない花姿と芳しさで私たちの毎日を見守ってくれるお花であってほしいものですね。元気に背伸びをして私達のお庭を活気付けてくれるそんなヒヤシンスを、皆様も育ててみてはいかがですか。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)