フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

プリムラの原産地、花言葉、育て方、寄せ植え

プリムラの原産地、花言葉、育て方、寄せ植え

基本情報

科目:サクラソウ科
別名:ケショウザクラ、オトメサクラ
原産地:北半球

プリムラの特徴、花言葉

さて、今回ご紹介するプリムラですが、この花は11~5月の比較的長期間花を咲かせてくれる箱根草になります。草丈は20~40センチと育てやすい大きさで、放射状に丸っこい葉を出していき、その中心に花茎を伸ばす非常に見た目のバランスが良く育ってくれます。ですが、花茎があまり伸びずに葉のすぐ上で止まり花を咲かせるものが主流になってきつつありますので、街頭などで見かけるプリムラはこちらの種の方が馴染みのあるものになっているかも知れません。花の大きさは花径3~10センチとバラつきがあり、それぞれの大きさの花を楽しむことができますね。別名にあります「ケショウザクラ」「オトメザクラ」ですが、こちらはプリムラの浅く切れ込みの入った花の形がサクラのようにも見える為こう呼ばれたのですね。また、花色が紫や黄、赤やピンクなどバリエーションが豊かなためまるでサクラがお化粧をしたように見えたということに因んでいるようにも思えます。花言葉としては、「青春の始まりと悲しみ」「青春の恋」などといった意味があります。さまざまな色に咲き乱れしとやかに枯れていく様子に似つかわしく儚い花言葉ですね。

プリムラの上手な育て方

育て方としては、園芸初心者の方には育て応えがあり季節を存分に楽しめるような難易度です。毎日のお手入れとしては、つぼみにしっかりと日光を当ててあげることが重要になってきます。つぼみは次から次に出てくるので管理が少し大変ですが、しっかりと日光に当てて大きな花を咲かせてあげましょう。また、花がらや枯れた花はそのままにしておくと球根が灰色カビ病などの病気にかかってしまう可能性がありますのでこまめに取り除きましょう。置き場所としては、十分に日の当たる場所が良いですね。特に、開花期間中は日光が足りないと茎に栄養が行かず細くなってバランスも崩れてしまいます。北半球生まれのプリムラは寒さには強いですが、寒風が直接当たる場所や霜や凍結の恐れがある場所はなるべく避けましょう。しかし、10月ごろのやや寒い場所で株を引き締めておくことも重要になってきます。水遣りのコツは、土の表面が乾いたときにたっぷりと与えることです。開花中のプリムラは水をよく吸い水切れを起こしやすく急に元気がなくなるということがありますが、慌てずに水を与えるとすぐに元気を取り戻しますよ。

プリムラに合う花って?

一緒に植えたいお花としては、マーガレットなどの背が高く美しい白の花が良いでしょう。プリムラの色はどの色も原色に寄った濁りのない美しい色ですにで、純白のマーガレットと一緒に置くことでどちらも照り輝いたように色が強調されます。ピンクのプリムラの場合、緑色のニコチアナを置くことで目を惹く落ち着いた色味になりますよ。黄色のプリムラの場合、ブルーデージーやリンドウなどの深い青色をしたお花が良いですね。

まとめ

今回はプリムラについてまとめさせて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。執筆者としては、プリムラはパンジーや葉牡丹などと形的にも色的にも非常に仲が良いのではないかと感じるお花です。実際私自身、玄関や店先に並んでいるだけで、蜜を求める蜂のように吸い寄せられてしまうような花です。他のお花とも非常に相性が良いように感じられますので、是非街頭の花壇などでこの英気溢れるオレンジ色を見かける機会が増えてくれればなあと思う一方です。また、みずみずしい青春を思わせる花言葉も精神的な成長が感じられて微笑ましいものです。懐かしい幼年時代をお日様の元で照らし出してくれるようなそんなお花プリムラを、皆様も是非育ててみてはいかがですか。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)