フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

ペチュニアの花言葉、上手な育て方のコツ、寄せ植えについて

ペチュニアの花言葉、上手な育て方のコツ、寄せ植えについて

基本情報

科目:ナス科ペチュニア属
別名:ツクバネアサガオ
原産地:南アメリカ

ペチュニアの特徴、花言葉

さて、今回ご紹介させて頂くペチュニアですが、こちらは4~10月に花を咲かせる一年草または多年草です。草丈は10~30センチと比較的育てやすい大きさで、花には非常にバラエティーがあり大輪から小輪まであり八重咲き、一重咲きといろいろな種類のペチュニアが楽しめます。花色はワインレッドやピンク、紫などがあり、アサガオに似たラッパのよな形の花を次々と咲かせていきます。葉は丸っこい舌状で茂りやすいため、後々ご紹介に預かりますお手入れの仕方にもお気をつけください。また、ペチュニア自体はもともと暑さに弱く開花期間もあまり長くはありませんでしたが、現在では丈夫な野生種と組み合わせた長く美しい大きな花を楽しめる品種が主流になっています。また、俗称の「ペチュニア」ですが、こちらはブラジル語でタバコを意味する「ぺチュン」に因んでいるといわれています。花言葉としては、「あなたと一緒にいると心が安らぐ」「心の安らぎ」といったニュアンスがあります。ペチュニアのみずみずしい花色と無垢なあどけなさに似つかわしい純粋な花言葉ですね。

ペチュニアの上手な育て方

育て方としては非常に簡単で、園芸初心者の方にも気軽に楽しんでいただけるようなお花です。毎日のお手入れとして、花がらをこまめに摘み取ることを忘れないようにしましょう。枯れた花びらは茎や葉に張り付くと見た目がたいへん悪くなり、放って置くとカビなどの病気にもかかりやすくなってしまいますのでこの作業はとても重要になってきますね。また、株が大きくなってきますと茎が伸びずに花がつかなくなりますので生育期間中に茎を全体を10センチほどに切戻す必要があります。切戻しを行うと、根元のほうから茎が伸び再び大きな花を咲かせてくれますよ。また、切戻しを行いますと風通しが良くなり根元への湿度によるダメージが減りますので、夏越しがしやすくなります。置き場所としては、十分に日の当たるところに置くのが良いでしょう。日照不足になると花付きが悪くなったり茎を傷める原因にもなりますので注意しましょう。また、ペチュニアの花びらは非常に薄く、強い雨などに当たりますとすぐに色が抜けたり傷んでしまいますので、雨の日は軒下などに移動させてあげましょう。水遣りとしては、土の表面が乾いた際たっぷりと与えることが重要になってきます。ただ、ペチュニアは乾燥よりも多湿に弱いですので少し乾燥気味に保ってあげると安全かも知れませんね。

ペチュニアに合う花って?

一緒に植えたいお花としては、背の高い落ち着いた花色のお花が良いですね。特にジギタリスなどは花色もペチュニアの鮮やかなピンクに対して少し休息を入れるようなアクセントになってくれるのではないでしょうか。ただ、ジギタリスはペチュニアに比べて開花期間が短いためその間にたくさん楽しむことが出来るといいですね。

まとめ

今回はペチュニアについてまとめさせて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。執筆者としては、ペチュニアは花びらの薄さと少し触れただけでも傷んでしまう儚さを持ちながらも、あれ程に燦爛と美しい色を発色しており大変元気を貰える花だと感じています。自分も頑張らなければ、という気持ちになれますね。また、くるりと花芯を囲み包む希薄な花びらからは、アサガオとよく似た寂寞とした雰囲気を醸し出す反面、濁りの無い壮健な花色で私たちを慰めてくれているようにも感じます。執筆者としましては、ペチュニアとアサガオを一緒に置いておくとなんだかセンチメンタルな気分になれるような気がします。庭先で照り輝くような笑顔をみせながら私達を後押ししてくれるようなそんな花、ペチュニアを、皆様も是非育ててみてはいかがですか。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)