アガパンサスの原産地、花言葉、特徴

アガパンサスの原産地、花言葉、特徴

読み方

あがぱんさす

別名

紫君子蘭(むらさきくんしらん)、アフリカンリリー

科目

ユリ科ムラサキクンシラン属

学名

Agapanthus

原産地

南アフリカ

開花時期

5月〜8月

園芸分類

草花

形態

多年草

生育地

公園、道端など

花言葉

恋の訪れ、ラブレター、恋の季節、知的な装い

アガパンサスの花名は、ギリシャ語の「agape(アガペー:愛の意)」と「anthos(アントス:花の意)」が合わさって名付けられました。そのため、愛に関する花言葉が付いています。ヨーロッパでは愛の花として認知され、恋人同士や夫婦同士で贈られてきました。ラブレターという花言葉が付いたのもそのためです。青紫色の凛とした立ち姿が知性を感じさせる様子から知的な装いという花言葉もあります。

花の特徴について

別名、ムラサキクンシラン、アフリカンリリーと呼ばれます。日本に渡来したのは明治時代とされていますが、定かな説ではありません。南アフリカを原産地としています。毎年花を咲かせる多年草です。アガパンツスと呼ばれることもあります。南アフリカに10〜20種程の原種が自生し、交配などにより園芸品種は300種以上です。常緑種と落葉種の2タイプあります。花色は紫、青紫、白などあり、濃淡の違いがあります。花の形は先端が開いていて横向きに咲くものが多いです。下向きや上向きもあります。草丈は1Mを越す大型種まであります。

ユリ科ではありますが、分類体系によっては、ムラサキクンシラン(アガパンサス)科とする場合もあります。ネギ科に分類される場合もあります。和名は紫君子蘭(ムラサキクンシラン)です。外見の特徴から付けられた名前です。耐寒性にも耐暑性にも強いため、植えるとほとんど手をかけずにでも育つため、公園等の花壇や植え込みによく利用されます。フラワーアレンジメントにも使われています。草丈30cmくらいの小型種もあるため小鉢でも育てることができます。紫陽花とともに梅雨時に親しまれています。

アガパンサス属の種類について

単子葉植物の属の1つで、南アフリカ原産です。園芸用に球根が販売されています。アガパンサスとは通常本種のことです。アガパンサスは10種ほどの品種があり、主な品種は、プラエコクス・オリエンタリス、プローレフレノ、アフリカヌス、プラエコクス・ミニムス、イナペルツスなど

まとめ

アガパンサスは、紫君子蘭(ムラサキクンシラン)やアフリカンリリーという別名を持つユリ科の花です。南アフリカ原産で、アガパンサスという言葉は、ギリシャ語の「愛」と「花」という言葉が合わさって出来たロマンチックな言葉です。そのため非常に「恋」や「愛」を表現する花言葉が付いていて、「恋の訪れ」「ラブレター」「恋の季節」「知的な装い」など、実際、ヨーロッパでは、愛する人へ贈る花の1つになっています。青紫色の凛とした姿から知性も感じますが、日本でももっと知られると良い花ですね。愛する恋人や奥様にプレゼントをあげる際に、アガパンサスも一緒に渡し、花言葉と日頃の感謝の気持ちを伝えてあげると良いですね。花自体も非常に美しいですし、背景にもこういった語源、花言葉があるので、より素敵で魅力的な花に映ります。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)