ブルーデージーの原産地、育て方、寄せ植え

ブルーデージーの原産地、育て方、寄せ植え

ブルーデージーの説明

科目 キク科 別名 ルリヒナギク 原産地 南アフリカ

初夏から秋口にかけて長いこと私たちの目を楽しませてくれる、青い花びらと黄色い中心のコントラストがかわいらしい花です。わたしには、名前からか元気のいいアメリカの女の子をイメージしてしまいます。肉厚の斑入りの葉も美しく最近人気の品種です。多年草です。ブルーデージーの名前をもっていますが、花色は白やピンクもあります。

ブルーデージーの育て方

日当たりがよく水はけにいい環境を好みます。高温多湿は苦手です。鉢植えやプランターなどは、真夏以外は日当たりのいいところに植えるようにしましょう。地植えの場合、風通しのいい明るい日かげがよいでしょう。

殖やし方としては、種から育てるのは難しいです。株わけか。生育期の春から夏にかけて、挿し芽で行います。

水はけがよくて栄養のある土地を好みます。開花期間も長いので、植え付けのときに緩効性の肥料を混ぜん込んでおいてあげます。プランターや鉢に植える場合、鉢底石を引いておく、その後に鹿沼土をおいておくと水はけがよくなります。水やりは真夏、真冬は生育が鈍るので控えめにその他の期間はこまめに行います。

苗の植え付けは春先に、肥料を十分にまいた場所で十分な間隔を取って行います。定期的に追肥を行い、開花期間中は薄い液肥をあげます。

挿し芽は梅雨前ぐらいにでも、枝先をカットしたものを用土にさして行います。発根するまでは暗い所で、新しい葉をつけだしてからはやや明るい所で育てます。

ある程度育ったら、挿し芽したものも園芸店で購入した苗も、こまめに葉先をカットして、摘芯を繰り返します。これによってわき芽が増えて、枝先も増えますので花の数も増えます。開花時期がワンシーズン終わったら、株全体の枝を切り戻してあげると、また次の時期も新しい花とつけてくれます。

枯れた花びらや葉はこまめに摘み取りましょう。病気を防ぎます。

害虫がつきやすいので、朝方、目視で見つけ次第駆除するか、殺虫スプレーをつかいましょう。病気をできるだけ防ぐためにも風通しのいい環境を保つようにするといいです。

ブルーデージーと一緒に育てるといい植物

開花期間も長く色も控えめなブルーデージーにあわせるのにぴったりなお花はたくさんあります。とりあえず、暑い夏にぴったりの組み合わせを考えました。

花壇では涼しげなブルー系か白などで色目を合そろえ、ペチュニア、スイートアリッサムとあわせると春から夏にかけて長いこと楽しめます。葉も丸くてかわいらしくアクセントになるでしょう。コンテナなどの寄せ植えでは、高さを出すために、ブルーサルビアを後方に植えて最近人気のバコパを前に植えこむとかわいらしくまとまります。シックにまとめるならコリウスをあわせてもいいでしょう。

まとめ

ブルーデージーのかわいらしい姿には、どこか日本のハルシオンのような趣を感じます。ぴんと頭を上に向けて咲いている姿は、道端の草花と同じでなんとなく、がんばって生きているんだと言っているような、気迫も感じてきます。最近は、本当に多種多様の、ただ、はなやかなだけでないいろんな花がでまわるようになったと感じます。我が家の庭には土手から種を飛ばした、アザミの花をそのまま、咲かせています。もちろん、ブルーデージーはじゅうぶんかわいらしいです。今度は、ゴツっく育てたアザミとあわせてもおもしろいのではと思いました。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)