アゲラタムの特徴、育て方、寄せ植え

フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

アゲラタムの特徴、育て方、寄せ植え


花 名:アゲラタム
科 目:キク科
別 名:カッコウアザミ
原産地:メキシコ
開花期:5〜11月
草 丈:20〜60cm
花 色:白、青紫、桃
花言葉:信頼、幸せを得る、安楽

アゲラタムの特徴

アゲラタㇺは、原産地がメキシコで、初夏から霜の降りる前までの長期間、柔らかい雰囲気の花を次々と咲かせます。
色々な品種がありますが、中でもホウストニアヌムの園芸品種が知られています、ボンボンのような青いかわいい小花を房状に咲かせます。
日本には明治時代に渡来し、古くから和名の‘カッコウアザミ’と呼ばれ、愛されてきました。
アゲラタㇺの花名は、ギリシア語の‘ageratos(不老)’から来ています。‘老いを知らない’、‘古くならない’などという意味で、アゲラタㇺの花期が長く、長期間色あせないところに由来します。
花名にあるように、丈夫で花期が長く、こんもりと大きく茂る葉に、沢山の花を咲かせます。
日本では、花壇やコンテナ植えに大変人気がある草花の一つです。

アゲラタムの育て方

アゲラタㇺは本来多年草ですが、寒さに弱いため、日本では春植えの一年草として扱われています。夏から秋に花を楽しみます。
日当たりと水はけの良い環境を好みますが、日本の夏の高温多湿を嫌い、特に梅雨時期に風通しが悪くなると、蒸れて枯れてしまいます。
株はどんどん茂り、密生しやすいので、葉を摘み取ったり、枝を間引くことで風通しをよくします。
株をこの様にきれいにしておけば、長期間花を咲かせてくれます。
夏の高温で元気がなくなった時には、地ぎわから10cmのところで刈り込んで肥料を与えます。その後なるべく直射日光を避けて管理すると、秋には再びきれいに花を咲かせます。
種まきは、3月下旬~6月中旬に行います。覆土はほとんど必要ありませんが、土が乾かないように半日陰で育てます。
苗の植え付けは、4~6月に約20cm間隔で植えつけます。蒸れに弱いので、風通し良くする為に間隔は必ずあけるようにします。

アゲラタムの寄せ植え

アゲラタムは、淡いブルーが爽やかで、そのふんわりとしたやさしい質感が魅力の花です。
草丈30㎝ほどで、低くこんもりとまとまる矮性種と、切り花に向く高性種があります。
矮性種は花壇前方にラウンドカバーのように使え、草姿が乱れにくいので寄せ植えに向きます。
さわやかな印象のニーレンベルギアや、個性的で透明感のあるミヤマオダマキから青い花を選んで青系の色でまとめると上品にまとまります。
寄せ植えに高さを加えて立体感を出したい場合は、中高生種を選ぶのがお勧めです。
草丈60㎝以上あるので、寄せ植えの芯として使う事ができます。夏らしい爽やかな寄せ植えを目指すなら黄や白色の花と合わせます。ヘリオプシス ローレンサンシャイン、マリーゴールドなどの鮮やかな黄色の花との組み合わせも清涼感が出てお勧めです。

アゲラタムのまとめ

アゲラタㇺは和名をカッコウアザミといい、花がアザミによく似ていますが、アザミの強い花色や野性的なイメージと異なり、柔らかく優しい印象の草花です。花は触っても柔らかくフワフワしています。その印象とは対照的に、とても丈夫で花期も長く、タフな草花です。
しかも、葉がこんもりとまとまり良く育つので、間延びせず、寄せ植えの形を整えるのに重宝します。
この様な理由で、日本では明治以来、長く愛されてきた定番花の一つと言えます。
今では切り花、フラワーアレンジメント、と大人気です。
また、水に挿しておくと容易に根が出てきますので、花瓶などに入れて窓際に置いて育てるのもいいですね。
アゲラタㇺと言えば、ブルーの花のイメージが強いですが、白やピンク色のアゲラタㇺも、緑のこんもりと茂った葉の上に、まるで線香花火や綿帽子の様にふんわりと咲く様子が、とても可愛らしくお勧めです。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)