フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

アガベの原産地、学名、特徴

アガベの原産地、学名、特徴

読み方

あがべ

別名

竜舌蘭(リュウゼツラン)、アオノリュウゼツラン

科目

リュウゼツラン科リュウゼツラン属

学名

Agaveamericana

英名

Agave、Century Plant(百年植物)、American Aloe(アメリカのアロエ)

中国名

龍舌蘭、世紀樹、萬年蘭、番麻

原産地

南米

アガベについて

竜舌蘭の別名のことです。一般的にはリュウゼツランやアオノリュウゼツランと呼ばれます。リュウゼツラン科の常緑多年草です。

葉は根元から叢生します。剣状で厚く、長さは1〜2Mはあり、緑のとげとげがあります。開花までに数十年かかります。あまりの成長の遅さに100年に1度開花すると勘違いされていたことから、英名でCentury Plant(センチュリープラント「百年植物」)と別名で言われていました。花茎の高さは7〜8Mまで伸び、黄緑色の花を円錐状につけていきます。南米はメキシコの原産です。観賞用として利用されます。南北アメリカに分布し、原産地のメキシコでは、茎などの汁を使って、テキーラやプルケなどの酒を造ったりします。また熱帯地方では葉の繊維を利用して織物や網を作ります。日本には明治時代の始めに繊維を取る原料として渡来しました。

数十年をかけ成長し、1度だけ花を咲かせて、枯死してしまいます。栄養成長期には、葉をどんどん出して栄養を貯めこみます。栄養成長期だけで数十年かかります。次の開花期になると生殖成長へと変わり、葉から花茎へと栄養分の転流が起こり、花茎が急成長します。花茎は日々10cm程度成長し、2ヶ月程度で高さ10M程まで成長するものもあります。数千の花をつけますが、結実するのは上部の2〜3割程度の花だけです。

リュウゼツランの葉、茎、花は食べることもできます。乾燥地帯の先住民は実際に食料にしていました。乾燥した葉は燃料として使用されたり、乾燥した花茎は建築材として使用されたりもしました。葉を絞った液は泡立つため、石鹸のようにも使われます。メキシコのインディオはリュウゼツランから、ペン、釘、針、縫い物や織物に使う糸などを作っていました。

リュウゼツラン属について

リュウゼツラン属は、リュウゼツラン科の単子葉植物です。学名のAgeveは、分類学の父と称されるカール・フォン・リンネがギリシャ神話のアガウエーから名付けました。メキシコでは、マゲイmagueyとも呼ばれています。リュウゼツラン属では208の種が知られています。

メキシコを中心に熱帯域に自生するほか、繊維作物や観葉植物、食用作物として栽培されています。形がアロエに似ていますが、アロエはツルボラン科の植物になります。

まとめ

アガベはリュウゼツラン科リュウゼツラン属であり、リュウゼツランの別名です、アオノリュウゼツランとも言われています。センチュリープラントと海外では言われていた程、花を咲かせるまでに数十年かかる、特徴的な植物です。植物園などで見たことがある人も多いと思います。また、悲しいことに、花を咲かせたら枯死してしまいます。雑誌やTVなどで、一度は見たことがあるリュウゼツラン。枯れた後も、石鹸や、建築材、燃料、縫い物や織物の糸など幅広い用途で使われています。また、食べることもできます。見た目からして非常に頑丈そうな印象ですが、開花している姿を見れることはすごいことでもありますので、リュウゼツランが開花していたら見逃さないようにしましょう。

 

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)