フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

オオイヌノフグリの原産地、育て方、寄せ植え、花言葉

オオイヌノフグリの原産地、育て方、寄せ植え、花言葉

オオイヌノフグリのプロフィール

一般名:オオイヌノフグリ学
名:Veronica persica
科名:オオバコ科
属名:クワガタソウ属
原産地:ヨーロッパ
草丈:10cm
花形:直径1cm弱の4弁花
開花時期:早春

オオイヌノフグリの花の特徴

オオイヌノフグリは、畑のあぜ道や野原でよく見かける越年草です。1~2cmのたまご型で先端にギザギザがある葉をつけます。秋に芽を出し、冬場に匍匐するように広がり、早春にコバルトブルーの花を多数つけます。花の花弁は4枚で、大きさが上下でことなり、スミレのような形をしています。花の中心からは雄蕊が二本出ています。また、花の中心には蜜があり、蜂や蝶などを誘い、受粉します。夏には種子がつきますが、1個体平均545個の種子をつけるという、驚異的な繁殖力を持ちます。ヨーロッパ原産ですが、南北アメリカ、アジア、オセアニア、アフリカに外来種として定着しており、世界中で見られる草となっています。ところが、近年は畑や田んぼが減っているため、日本では生育地が減ってしまっているオオイヌノフグリ、環境省の「レッドデータブック」では絶滅危惧種に指定されています。

オオイヌノフグリの花言葉

雑草扱いのオオイヌノフグリですが、ちゃんと花言葉があります。オオイヌノフグリの花言葉は、「信頼」、「神聖」、「清らか」、「忠実」です。

学名が「Veronica」で聖女ベロニカと同じ名前であることから、彼女にちなんでつけられた花言葉です。

オオイヌノフグリの名前の由来と別名

オオイヌノフグリという名前、幼いころから使ってきた名前なので、深く考えたことがありませんでした。この名前は、「大きい犬の睾丸」ではありませんか!実は、イヌノフグリという植物があり、その種が犬の睾丸に似ているようなのですが、オオイヌノフグリは、そのイヌノフグリという植物に比べると大きいので、オオイヌノフグリと名付けられたのだそうです。何というか、とばっちりのような名前ではないかと思ってしまうのですが、どんなものでしょう…

オオイヌノフグリには、もっと素敵な別名がいくつもあります。「星の瞳」、「瑠璃唐草」、「天人唐草」といった名前です。輝くようなコバルトブルーの花にふさわしい名前だと思います。

絶滅させるには惜しい花オオイヌノフグリ

オオイヌノフグリが絶滅危惧種に指定されているというのは驚きでした。驚異的な繁殖力を持っているにもかかわらず、絶滅しそうだということは、それほど、生育地が減っているということでしょうか。田んぼの畦道や、野原のどこにでも咲いていたように思うのですが、無くなるのは寂しすぎます。オオイヌノフグリは、地面に這うように鮮やかなコバルトブルーの花を咲かせますが、この花を見ると、冬が終わったな、と感じるのです。春の暖かさをまだ感じなくても、青い花が冬の終わりを知らせているような気がします。今度、オオイヌノフグリを見つけたら、根っこごと掘って、鉢植えにしておきたいと思います。グランドカバーとして使ってみてもいいかなと。それほど広がる感じはしませんが、花ほどではないものの、葉っぱの形もかわいらしいのです。本来外来種ですが、すっかり日本の景色にもなじんでいるオオイヌノフグリ、守ってあげたいと思います。ただ、鉢植えにしたら、名前は「瑠璃唐草」と呼びたいです。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)