フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

オオデマリの原産地、育て方、寄せ植え、花言葉

オオデマリの原産地、育て方、寄せ植え、花言葉

オオデマリのプロフィール

一般名:オオデマリ
学名:Viburnum plicatum var. plicatum f. pliatum
科名:スイカズラ科
属名:ガマズミ属
原産地:日本の本州以南、九州、四国、台湾から中国大陸にかけて。日本のオオデマリはテマリバナの園芸品種
樹高:2~4m
花形:装飾花、直径10~20cmの花序
開花時期:5~6月

オオデマリの花言葉

「華やかな恋」、「天国」、「品格」、「私は誓います」

オオデマリの花言葉の由来

オオデマリの花が満開になっているのを見たことがあります。その時に見たオオデマリの木は2本あり、古い民家の庭に植えられていました。幹の高さは、木の梢が2階に届いていたことを思うと、4m近くあったのだと思います。小さな庭を覆うように枝を広げたオオデマリの木には、枝がたわわにしなるほどたくさんの、真っ白の花玉が咲いていました。夢のように美しく、「天国」という言葉が似あう気がしました。白一色ですが、小花が集まっている手毬状の花は光を乱反射してとても「華やか」に見えます。陰影のあるノーブルな白い花が、枝をたわめるほど咲き乱れている姿は「品格」があります。

「私は誓います」という花言葉の由来ははっきりしていません。真っ白な花の色から、何者の影響もうけず、まっさらな気持ちで、「私は」誓います、ということなのでしょうか。

オオデマリの名前の由来

オオデマリは、「大手毬」と書きます。オオデマリは、初夏から夏にかけて、白やピンク色の小花がボール状に集まった花を咲かせます。小花は実は雌しべや雄しべが変化した「装飾花」です。その小さな花が集まって毬のような形になるため、オオデマリの名前は、その花の形に由来します。英語の名前は「Japanese Snowball(ジャパニーズスノウボール)」です。日本の雪玉、そのままですが、まさに!という感じがします。小さい花がたくさんつき、やはり手毬がつく、コデマリの花とは花の形も違うので、コデマリの大きいものという感じはしません。むしろ、花の形はアジサイに似ているように見えます。

学名のViburnumは、ラテン語でガマズミの木を指し、属名となっています。、「旅人の木」という意味も持ちます。plicatumは、「副花冠のある」という意味です。

英名のように雪玉ならば花の色は白が王道

オオデマリの花には、ピンク色のものもあります。薄めのピンク色で、それはそれで愛らしいのですが、真っ白な花の方が、雪玉のようで、高貴な感じがします。花の香りも、その高貴さを高め、「華やかな恋」という花言葉にふさわしいイメージを表しているように見えます。オオデマリは、手元に置きたいというよりも、見事に咲いているところにお花見に行きたいお花です。奈良の長谷寺には、オオデマリの古木があり、新緑の目に染みるような緑の中に咲く真っ白なオオデマリの花が作り出す、圧巻の花景色を楽しむことができます。初夏から夏にかけては花を、秋には、葉が紅葉するのを楽しむことができるのもオオデマリの良い所ではないでしょうか。気の置けない友人たちと、オオデマリを堪能しに行きたいと思います。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)