フラワーアレンジメントの人気記事ベスト5

花に関する最近の投稿

More

キョウチクトウの原産地、育て方、寄せ植え、花言葉

キョウチクトウの原産地、育て方、寄せ植え、花言葉

キョウチクトウのプロフィール

一般名:キョウチクトウ
学名:Nerium oleander var. indicum
科名:キョウチクトウ科
属名:キョウチクトウ属
原産地:インド
草丈:約10~25cm
花形:筒状5弁花
開花時期:6~9月

キョウチクトウの特徴

夾竹桃は、日本には江戸時代に中国から伝来したと言われています。葉は、竹に似て両端が尖った長楕円形をしており、葉の裏面には細かいくぼみがあり、内側に気孔があります。この気孔に細かい毛が生えているため、外気からの異物除去機能が高く、大気汚染に強い木となっています。花も、ピンク、黄色、白といった花色があり、八重咲き種もあります。夾竹桃は乾燥や大気汚染に強いので、街路樹などに利用され、高速道路沿いにも植栽されています。原爆投下後の広島市内には、75年間草木が生えないと言われましたが、被爆地でもいち早く花を咲かせ、原爆からの復興のシンボルとされました。

夾竹桃の花言葉と由来

夾竹桃の花言葉は、「注意」、「危険」、「用心」、「危険な愛」、「油断大敵」です。

これらの花言葉は、夾竹桃に「オレアドリン」という猛毒が含まれていることに由来します。

夾竹桃の毒

夾竹桃に含まれている「オレアドリン」は、青酸カリよりも強いとされる有毒成分です。オレアドリンは、葉に含まれていますが、他にもネリアチン、アジネリン、デアセチルオレアンドリン、ウルソール酸などが含まれています。樹皮には、ジギトキシゲニンが含まれています。葉だけでなく、枝、樹皮、花すべてに毒性があり、少量でも致死量に至りかねないので、気を付ける必要があります。オレアドリンは、体内に入ると、神経細胞の興奮とともに、筋肉の収縮が起こり、肝機能が低下します。下痢、嘔吐、めまいといった症状が出て、心臓麻痺に至ることもあります。

フランスでは、この夾竹桃の毒により、7人が死亡するという痛ましい事故が起きました。致死量は体重1㎏に対してわずか0.30mgです。この事故の際には、バーベキューの串代わりに夾竹桃の枝を使っており、加熱する過程で肉や野菜に枝から染み出したオレアドリンがしみ込んでしまい、その食材を食べた結果、死亡することになってしまったのだそうです。オレアドリンは、熱によって分解されにくく、枝を燃やすとその煙にも有毒成分が含まれてしまうため、吸い込むと危険なのだとか。愛らしい花ですが、恐ろしく危険な植物でもあります。毒ではありますが、強心剤などの薬用にもされています。ただ、これは抽出した成分を有効利用するという形であり、ハーブ類と同様の使い方は厳禁です。

学校にもある夾竹桃の木

夾竹桃は、小学校の校庭にも植えられていたので、なじみの深い植物でした。ピンク色の花がかわいらしくて、長細い形の葉っぱで、竹の笹の葉と同様に、笹舟をつくったり、手裏剣をつくったりして遊んでいました。そんな夾竹桃が、こんなに毒性が強いというのは、とても意外でした。危険だから植えないでという声もあるようですが、排除してしまうのではなく、危険だということをちゃんと教える、「用心」することが大事だと思います。原爆からの復興のシンボルとされている夾竹桃、毒があるとはいえ、街路樹として美しい花を見せてくれる上に、空気清浄の機能も果たしてくれています。人に贈ることはないけれど、夾竹桃を見たら、「油断大敵」というメッセージだけは伝えていきたいものです。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)