秋田杉の開花時期、花言葉、特徴について

秋田杉の開花時期、花言葉、特徴について

読み方

あきたすぎ

科目

スギ科スギ属

群生地

秋田市仁別、北秋田群上小阿仁村、大館市長走など

秋田杉について

秋田杉とは、秋田県米代川、雄物川流域を中心とした森林地帯に生息する天然スギのことです。木曽ヒノキ、青森ヒバ、秋田杉は三大美林と言われます。樹齢は200〜300年程度となっています。秋田杉は、美しい木目で珍重される国産材の希少種です。年輪の幅が狭いため強度に優れている材質を持っていて、高級建築材として利用されています。神社などの造作材としても利用されていますが、曲げわっぱや秋田杉桶樽など、秋田杉を加工した工芸品も非常に有名です。江戸時代より原材料として使われています。割った板を組み合わせて大きな酒樽を作ったり、葉は粉にして線香の原料としても利用されています。

寒い地域で育ってきた杉は、年輪の目がとても細かいです。赤みがあり美しい木目としても有名です。筋がなく通直で、目が細かく、年輪は均一です。優美な香りもあります。強く腐りにくい特性もあります。耐陰性も非常に強く、老木になってからも成長が続きます。

木材としても観賞用としても優れており、まさに銘木なため天杉や、官木などとも呼ばれます。等級があり、赤、白、源平、などランクが分かれています。1番高級なのが赤で、最高級材として扱われます。

乱伐によって蓄積が減少しています。現在、実生による植林が東北各地で行われています。そのため、天然杉の秋田杉を「天然秋田杉」、人工林杉を「秋田杉」と呼んで区別されています。天然秋田杉は伐採量が非常に少なく、希少種と珍重されています。

材の質について

秋田杉の材色は明るく澄んだ肉色が最上と言われています。木目が非常に美しく、年輪が均一で、清純爽快な香りがあります。

スギについて

スギはヒノキ科スギ亜科スギ属の常緑針葉樹です。本州北端から屋久島まで自生します。スギには多くの地域品種があり、天竜杉、屋久杉、立山杉、吉野杉、北山杉、秋田杉、山武杉などが有名です。第二次世界大戦までは台湾と朝鮮半島で植林されてましたが、大戦後は、アゾレス諸島、レユニオン島、インド、ネパールで植林が続けれていて、木材や防風林として利用されています。

2月〜4月が開花時期ですが、この時期は花粉症の原因となります。スギの名前の由来は、真っ直ぐの木「直木」から来ていると言われています。古事記伝神代七之巻にて、スギは傍らにはびこらず上へ進み上る木として「進木」が語源となっており、「直木」は誤りであるとしています。漢字の杉は、日本ではスギを指しますが、中国ではコウヨウザンを指します。中国ではスギのことを柳杉と言います。

まとめ

木曽ヒノキ、青森ビバと共に三大美林と言われる秋田杉のことをご存知の方は多いと思います。樹齢が200〜300年で、美しい木目で珍重される国産材の希少種です。実際生で見たことがある人は分かると思いますが、迫力があり、オーラがあります。

高級建材としても利用されており、曲げわっぱや秋田杉桶樽など、工芸品にも使われたり、酒樽や線香の原料としても利用されています。当然、観賞用としても優れているので、天杉や官木という呼び方もされます。その希少性と美しさから有名な秋田杉。天然秋田杉と秋田杉とに分けられますが、今後も数百年安定して成長していってもらうためにも私達が関心を持ってサポートし、次の世代に繋いでいかないといけないものの1つでもあります。

フラワーアレンジメントフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

*
*
* (公開されません)